炭酸飲料 売上推移

炭酸飲料 売上推移、コロナ禍で炭酸飲料の家庭内消費が拡大、大容量と無糖炭酸水が牽引

炭酸飲料の今年春の動向は、外食店やホテルの営業自粛による業務用製品の販売減少、オフィス周辺や外出先のコンビニ・自動販売機などの売り上げも減少したことから厳しい状態が続き、他の飲料カテゴリーと同様に前年実績を下回って推移している。 しかし、家庭内での消費に関しては、炭酸飲料の価値である爽快感やリフレッシュを求める機運が高まったことから拡大した。これは、コロナ禍でストレスが溜まり、気持ちがふさぎ込ん。

グラフは清涼飲料業界の業界規模(対象企業の14計)の推移をグラフで表したものです。清涼飲料業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。2019年-2020年の清涼飲料業界の業界規模(主要対象企業14社の売上高の合計)は4兆6,574億円となっています。清涼飲料業界の過去11年間の業界規模の推移清涼飲料を分類ごとに見てみますと、「茶系飲料」が最も多く、全飲料の約。

2019年度の国内飲料市場規模(牛乳・乳飲料を含む)は、メーカー出荷金額ベースで前年度比98.5%の5兆1,000億円と5年振りに前年度実績を下回った。 2018年度が記録的な猛暑の恩恵を受けての市場拡大であったことから、その反動減が当初から懸念されており、それが現実となった形である。2018年は最盛期である7月が記録的な猛暑で飲用需要が急増したが、2019年は天候不順で真逆の結果となり、7月の。

データに関しては正確に入力するよう万全の注意を払い入力を行っておりますが、万が一の可能性として入力の間違いがある場合がございます。データの正確性に求める、あるいは疑問がある方は小売物価統計調査の元となるエクセルデータを下記ページよりご覧になる事をお勧めします。http://www.stat.go.jp/data/kouri/doukou/3.htm ※最新のデータは2021年02月19日発表炭酸。

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 米女太一)が発売する炭酸飲料ブランド「三ツ矢」「ウィルキンソン」の上期の販売数量がブランド史上過去最高を更新しました。 販売好調を受け、炭酸飲料の最盛期である夏場に向けた需要拡大に対応する為に、7月に単月前年比で「三ツ矢」を約4割、「ウィルキンソン」を約2割増産します。 【「三ツ矢サイダー」の製。

TPCマーケティングリサーチは6月8日、飲料総市場について調査結果を発表した。調査によると、2017年度の清涼飲料市場は、前年比ほぼ横ばいの3兆8217億5000万円となった。炭酸飲料や茶系飲料、野菜系飲料、健康系飲料などが前年を上回ったものの、果汁飲料やコーヒー飲料、スポーツ・機能性飲料は縮小した。分野別では、炭酸飲料が0.3%増、茶系飲料が1.0%増、野菜系飲料が5.7%増、健康系飲料が2.5。

総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、小容量化の進展もあり販売量ベースでは伸び悩むとみられるが、販売額ベースでは僅かながら拡大が予想される清涼飲料の国内市場を調査し、その結果を「2019年 清涼飲料マーケティング要覧」にまとめた。この調査では、16分野49品目の清涼飲料の市場規模やメーカー・ブランドシェア、容器別・温度帯別動向などを分析した。 。

(株)富士経済(東京都中央区、清口正夫社長)は9月4日、国内清涼飲料の市場規模を発表した。数量ベースで見ると、2019年は対前年比0.8%減の2594万キロリットル、2020年の市場見込みは同4.2%減の2484万キロリットルとなっている。金額ベースみた2019年の市場規模は対前年比0.1%増の5兆2066億円で、2020年見通しは同5.3%減の4兆9326億円となっている。19年は、大容量PET。

以下に紹介するタイトルは、飲料産業に関する代表的な調査・レポートです。ここで紹介する資料の出版者名を手がかりにして、このほかの調査・レポートを探すことができます。国立国会図書館オンラインのキーワード欄に出版者名を入力し、資料種別を「図書」と「雑誌」に絞り込んで検索してください。このほか、飲料産業について調べるための専門雑誌・新聞には、以下のようなものがあります。ここに紹介する以外の資料は、国立国会。

スーパーやコンビニなどの小売り店頭で、透明な「炭酸水」の棚が広がったことにお気付きだろうか。「清涼飲料水」市場全体が前年並みの中で、伸びはすさまじい。特に絶好調なのが、炭酸水市場で約5割のシェアを持つ、アサヒ飲料の「ウィルキンソン」だ。同ブランドは2008年から18年まで、11年連続で伸長し、2015年3月~19年7月まで53カ月連続で前年実績増を達成した。競合他社も成長市場に目をつけて新商品を投。

27000円 炭酸飲料 水・ソフトドリンク 茨城県守谷市 ふるさと納税 定期便ウィルキンソンレモン500ml×24本 1ケース 6ヶ月 定期便 飲料類 炭酸飲料 ウィルキンソンレモン レモン 炭酸 ペットボトル 6回 茨城県守谷市 ふるさと納税 定期便ウィルキンソンレモン500ml×24本 1ケース 6ヶ月 定期便 飲料類 ウィルキンソンレモン 25%OFF 6回 レモン 炭酸 炭酸飲料 ペ。

[22日 ロイター] - 米飲料大手コカ・コーラKO.Nが22日発表した第3・四半期決算(9月25日まで)は、新型コロナウイルスの影響で売上高が引き続き減少したものの、市場予想ほど落ち込まなかったほか、利益も予想を上回った。「自宅向け」の売り上げが底堅く推移したことに加え、レストランなど「自宅外向け」の売り上げも落ち込みが和らぐ中、コカ・コーラやコカ・コーラ・ゼロ シュガーの販売は増加に転じた。株。

一般社団法人全国清涼飲料連合会では、炭酸飲料・コーヒー飲料・ミネラルウォーター・茶系飲料・果実飲料・スポーツドリンク・野菜飲料・豆乳類・乳性飲料を製造するメーカーの集まりとなっている。配合される成分の種類や含有量により、栄養ドリンクは医薬部外品となりエナジードリンクは飲料に分類される。代表的なメーカーは、日本コカコーラ、サントリー食品インターナショナル、アサヒ飲料、伊藤園、キリンビバレッジ、ダイド。

清涼飲料水業界の年収・給料ランキング、売上高ランキングを掲載しています。業界の業界動向、傾向、トレンド、シェアが一目でわかるようになっています。なお、データは平成26-27年版です。転職や就職、マーケティングなどにお役立て下さい。業界平均年収は下記掲載企業の平均値。上記グラフは年度ごとの掲載企業の平均値を表したものです。企業の統廃合や非上場化、持株会社化等の影響により、掲載企業数の変化、 及び平均。

コロナ禍で炭酸飲料の家庭内消費が拡大、大容量と無糖炭酸水が牽引

炭酸飲料の今年春の動向は、外食店やホテルの営業自粛による業務用製品の販売減少、オフィス周辺や外出先のコンビニ・自動販売機などの売り上げも減少したことから厳しい状態が続き、他の飲料カテゴリーと同様に前年実績を下回って推移している。 しかし、家庭内での消費に関しては、炭酸飲料の価値である爽快感やリフレッシュを求める機運が高まったことから拡大した。これは、コロナ禍でストレスが溜まり、気持ちがふさぎ込んでいる時に、爽快感のある炭酸飲料を飲むことで“リフレッシュしたい”“解放されたい”というニーズが高まったことが要因とみられる。「いろいろな状況で溜まったストレスを発散するため、炭酸を飲まれるケースが見受けられる」(キリンビバレッジ)という。 また、販売チャネルは、スーパーやドラッグストア、そして、ボタン一つで注文できるEコマースの売り上げが伸びた。「コロナ禍では、自宅から生活圏でいけるエリアの販売……

清涼飲料業界の現状、動向、シェアなど

グラフは清涼飲料業界の業界規模(対象企業の14計)の推移をグラフで表したものです。清涼飲料業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。2019年-2020年の清涼飲料業界の業界規模(主要対象企業14社の売上高の合計)は4兆6,574億円となっています。清涼飲料業界の過去11年間の業界規模の推移清涼飲料を分類ごとに見てみますと、「茶系飲料」が最も多く、全飲料の約3割に相当します。「炭酸飲料」、「ミネラルウォーター類」、「コーヒー飲料等」、「果実飲料等」と続きます。2018年は夏場の記録的な猛暑により、「お茶類」や「ミネラルウォーター」、「スポーツドリンク」などの売上が大幅に増えました。2018年の清涼飲料の販売額が過去最高を記録したのも、こうした季節的な要因が寄与しているものと考えられます。2019年は夏場の記録的な天候不順で冷夏に見舞われた上に、大型ペ……

飲料市場に関する調査を実施(2020年) ニュース・トピックス

2019年度の国内飲料市場規模(牛乳・乳飲料を含む)は、メーカー出荷金額ベースで前年度比98.5%の5兆1,000億円と5年振りに前年度実績を下回った。 2018年度が記録的な猛暑の恩恵を受けての市場拡大であったことから、その反動減が当初から懸念されており、それが現実となった形である。2018年は最盛期である7月が記録的な猛暑で飲用需要が急増したが、2019年は天候不順で真逆の結果となり、7月の減少分を2019年度通期で取り戻すことが出来なかった。また、春先から夏前にかけて、物流費や包材値上げの影響などから飲料メーカー各社が大型PET容器製品の価格改定を行ったことも販売減に繋がった。炭酸水やエナジードリンクといった炭酸系飲料の市場が拡大傾向にある。炭酸水についてはさまざまな飲用方法や健康志向による無糖ニーズに支えられ、成長が続いている。一方で、ブランド別では明暗が分かれており、トップブラ……

「全国における炭酸飲料1本の値段は?2021年1月までの炭酸飲料の価格推移」発表日2021年02月19日

データに関しては正確に入力するよう万全の注意を払い入力を行っておりますが、万が一の可能性として入力の間違いがある場合がございます。データの正確性に求める、あるいは疑問がある方は小売物価統計調査の元となるエクセルデータを下記ページよりご覧になる事をお勧めします。http://www.stat.go.jp/data/kouri/doukou/3.htm ※最新のデータは2021年02月19日発表炭酸飲料の都市別小売価格【2021年1月】 となります。……

炭酸飲料カテゴリー、販売好調!「三ツ矢」「ウィルキンソン」が上期の販売数量でブランド史上過去最高を更新! 販売好調を受けた需要拡大に対応する為、7月の生産体制を強化 ニュースリリース 202

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 米女太一)が発売する炭酸飲料ブランド「三ツ矢」「ウィルキンソン」の上期の販売数量がブランド史上過去最高を更新しました。 販売好調を受け、炭酸飲料の最盛期である夏場に向けた需要拡大に対応する為に、7月に単月前年比で「三ツ矢」を約4割、「ウィルキンソン」を約2割増産します。 【「三ツ矢サイダー」の製造ライン】【「ウィルキンソン」の製造ライン】  本年、アサヒ飲料では、「炭酸カテゴリーの強化」を事業方針に掲げています。透明炭酸No,1※1の「三ツ矢」、無糖炭酸No,1※2の「ウィルキンソン」を中心に、乳性炭酸、エナジー系炭酸でも多彩なブランドを擁しており、お客様に炭酸入り飲料ならではのおいしさや情緒的価値を提供することで、「三ツ矢」「ウィルキンソン」の過去最高……

清涼飲料市場/2017年はほぼ横ばいの3兆8217億円に

TPCマーケティングリサーチは6月8日、飲料総市場について調査結果を発表した。調査によると、2017年度の清涼飲料市場は、前年比ほぼ横ばいの3兆8217億5000万円となった。炭酸飲料や茶系飲料、野菜系飲料、健康系飲料などが前年を上回ったものの、果汁飲料やコーヒー飲料、スポーツ・機能性飲料は縮小した。分野別では、炭酸飲料が0.3%増、茶系飲料が1.0%増、野菜系飲料が5.7%増、健康系飲料が2.5%増となった。このうち野菜系飲料は、新規ユーザーに向けた拡販が進んだことで、好調に推移した。野菜系飲料では、消費者の健康意識の高まりに加え、飲用シーンの多様化が進んでいることから、スムージーが市場拡大をけん引している。炭酸飲料は、機能性表示食品や特定保健用食品といった高機能性飲料の台頭により、健康意識の高い消費者の取り込みが進んでいる。茶系飲料は、日常的に飲用できる無糖茶としての需要が拡大しており……

2019年見込の清涼飲料市場は5兆2,212億円、2,582万キロリットル マーケット情報

総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、小容量化の進展もあり販売量ベースでは伸び悩むとみられるが、販売額ベースでは僅かながら拡大が予想される清涼飲料の国内市場を調査し、その結果を「2019年 清涼飲料マーケティング要覧」にまとめた。この調査では、16分野49品目の清涼飲料の市場規模やメーカー・ブランドシェア、容器別・温度帯別動向などを分析した。 2018年の清涼飲料市場は最需要期である夏季が記録的猛暑となり需給がひっ迫するほどの状況がみられ、2017年比1.0%増の5兆2,152億円、同1.9%増の2,605万キロリットルとなった。 西日本を中心とした災害による物流面での混乱や、北海道の震災による生乳の生産量減少などもあったが、メーカー各社が大手流通チェーンへの安定供給に努め、特別便による配送などによりトラブル対応……

国内清涼飲料の市場規模0.8%減 富士経済が公表 ニュース 流通 JAcom

(株)富士経済(東京都中央区、清口正夫社長)は9月4日、国内清涼飲料の市場規模を発表した。数量ベースで見ると、2019年は対前年比0.8%減の2594万キロリットル、2020年の市場見込みは同4.2%減の2484万キロリットルとなっている。金額ベースみた2019年の市場規模は対前年比0.1%増の5兆2066億円で、2020年見通しは同5.3%減の4兆9326億円となっている。19年は、大容量PETの廉価販売是正の取り組みとして実施された価格改定や7月の冷夏がマイナス要因として働いたが、ゴールデンウィークが大型連休になったことや8月以降の猛暑がマイナス幅を縮小し、結果として金額ベースで前年をわずかに上回った。品目別では、果実・野菜飲料4484憶円(114億円減)、炭酸飲料5512憶円(125憶円減)、乳性飲料1兆1262憶円(81億円減)、コーヒー飲料8547億円(128憶円減)、茶系飲料1……

飲料産業について調べるには(統計・名鑑・インターネット情報源等) 調べ方案内

以下に紹介するタイトルは、飲料産業に関する代表的な調査・レポートです。ここで紹介する資料の出版者名を手がかりにして、このほかの調査・レポートを探すことができます。国立国会図書館オンラインのキーワード欄に出版者名を入力し、資料種別を「図書」と「雑誌」に絞り込んで検索してください。このほか、飲料産業について調べるための専門雑誌・新聞には、以下のようなものがあります。ここに紹介する以外の資料は、国立国会図書館オンラインで検索することができます。タイトルや編者・出版社名に含まれるキーワードから探してください。キーワードには飲料の種類などのほか、「市場」や「調査」、「報告」、「名簿」、「統計」のように形式を示すキーワードがあります。このほか、飲料産業について調べるためのインターネット情報源には、以下のようなものがあります。……

炭酸水の市場が「10年で13倍」に急拡大したワケ 2011年のペットボトル登場で爆発 PRESIDENT

スーパーやコンビニなどの小売り店頭で、透明な「炭酸水」の棚が広がったことにお気付きだろうか。「清涼飲料水」市場全体が前年並みの中で、伸びはすさまじい。特に絶好調なのが、炭酸水市場で約5割のシェアを持つ、アサヒ飲料の「ウィルキンソン」だ。同ブランドは2008年から18年まで、11年連続で伸長し、2015年3月~19年7月まで53カ月連続で前年実績増を達成した。競合他社も成長市場に目をつけて新商品を投入した結果、店頭の棚が「線」から「面」へと広がった。炭酸水の市場規模は2018年度で約433億円(金額ベース。前年比122%)に拡大している。後述するが、ウィルキンソンは115年の歴史を持つブランドだ。だが、近年までは地味な存在だった。マーケティングの世界では「ブランドは人格を持つ」と言われるが、人生に例えると、100歳を過ぎてから“最高のモテ期”が到来したことになる。なぜ、そんなことが可能となっ……

茨城県守谷市 ふるさと納税 定期便ウィルキンソンレモン500ml×24本 1ケース 6ヶ月 定期便 飲料類 ウィルキンソンレモン 25%OFF 6回 レモン 炭酸 炭酸飲料

27000円 炭酸飲料 水・ソフトドリンク 茨城県守谷市 ふるさと納税 定期便ウィルキンソンレモン500ml×24本 1ケース 6ヶ月 定期便 飲料類 炭酸飲料 ウィルキンソンレモン レモン 炭酸 ペットボトル 6回 茨城県守谷市 ふるさと納税 定期便ウィルキンソンレモン500ml×24本 1ケース 6ヶ月 定期便 飲料類 ウィルキンソンレモン 25%OFF 6回 レモン 炭酸 炭酸飲料 ペットボトル 茨城県守谷市 ふるさと納税 定期便ウィルキンソンレモン500ml×24本 1ケース 6ヶ月 定期便 飲料類 ウィルキンソンレモン 25%OFF 6回 レモン 炭酸 炭酸飲料 ペットボトル ふるさと納税,ペットボトル,6ヶ月,定期便ウィルキンソンレモン500ml×24本,飲料類,6回,炭酸,ウィルキンソンレモン,レモン,水・ソフトドリンク ,27000円,茨城県守谷市,1ケース,炭酸飲……

米コカ・コーラ、7─9月売上高は予想ほど落ち込まず 株価上昇

[22日 ロイター] - 米飲料大手コカ・コーラKO.Nが22日発表した第3・四半期決算(9月25日まで)は、新型コロナウイルスの影響で売上高が引き続き減少したものの、市場予想ほど落ち込まなかったほか、利益も予想を上回った。「自宅向け」の売り上げが底堅く推移したことに加え、レストランなど「自宅外向け」の売り上げも落ち込みが和らぐ中、コカ・コーラやコカ・コーラ・ゼロ シュガーの販売は増加に転じた。株価は一時2.4%高。クインシー最高経営責任者(CEO)は「依然として多くの課題が残されてはいるものの、四半期の進捗状況から当社が正しい道を歩んでいると確信している」と述べた。また「世界的にロックダウン(都市封鎖)措置が導入された状態に戻るとは想定していないが、地域ごとの感染者拡大を受け、限定的な制限措置や事業閉鎖に備えている」と指摘。オンラインや食料品店での炭酸飲料などの購入が増加しているとした。……

飲料業界のM&A動向・事例・実績

一般社団法人全国清涼飲料連合会では、炭酸飲料・コーヒー飲料・ミネラルウォーター・茶系飲料・果実飲料・スポーツドリンク・野菜飲料・豆乳類・乳性飲料を製造するメーカーの集まりとなっている。配合される成分の種類や含有量により、栄養ドリンクは医薬部外品となりエナジードリンクは飲料に分類される。代表的なメーカーは、日本コカコーラ、サントリー食品インターナショナル、アサヒ飲料、伊藤園、キリンビバレッジ、ダイドードリンコなどがある。酒類は、ビール類とそれ以外に大別される。ビール類とはビール・発泡酒・新ジャンルのことをいい、ビール以外にはチューハイ・ワイン・焼酎・ウイスキーなどをいう。ビールに関しては、麦芽使用率と使用原料によって分けられる。ビールは原料の3分の2以上が麦芽で作られており、副原料も使用可能なものが制限されている。発泡酒は麦芽の使用量が3分の2以下で副原料の使用制限がなく発泡性を有する種類の……

清涼飲料水業界の年収・給料、売上高ランキング

清涼飲料水業界の年収・給料ランキング、売上高ランキングを掲載しています。業界の業界動向、傾向、トレンド、シェアが一目でわかるようになっています。なお、データは平成26-27年版です。転職や就職、マーケティングなどにお役立て下さい。業界平均年収は下記掲載企業の平均値。上記グラフは年度ごとの掲載企業の平均値を表したものです。企業の統廃合や非上場化、持株会社化等の影響により、掲載企業数の変化、 及び平均値が年度により異なる場合があります。あくまで参考程度にご覧下さい。数時は平成26年7月-平成27年6月間の決算時データ数時は平成26年7月-平成27年6月間の決算時データ※キリンホールディングスは平成25年よりセグメントを変更し、従来の飲料事業のデータ開示を行わなくなりました。したがって、キリンHDの売上高に関しましては全事業合計の売上高とし、参考資料とさせていただきます。何卒、ご了承ください。注……

平均ユーザー評価

4.4 / 5

カテゴリ