新築分譲マンション ブランド

新築分譲マンション ブランド、日本の高級マンションブランドを一挙紹介!有名デベロッパーのマンションブランドとは

中には、有名デベロッパーが特に力を入れ、その会社の象徴となっているマンションブランドも存在します。 ここでは、日本の代表的な高級マンションブランドをご紹介していきます。 それぞれの会社が、どのような点に力を入れてマンションを展開しているのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ※写真はイメージです 三井不動産が誇る高級マンションシリーズ、パークマンション。 。

マンション物件の中には、ライオンの銅像とオレンジのレンガがトレードマークのライオンズマンションやタワマンブランドのパークタワーなど、シリーズ名を冠する「マンションブランド」が存在します。それぞれのブランドの特徴や、ブランドマンションのメリットとデメリットを見ていきましょう!マンション物件を建築・販売するデベロッパーが、各自定めたブランドコンセプトのもとに供給するマンションのシリーズが「マンションブ。

日本の新築マンションデベロッパーと、マンションブランドのおすすめを比較しつつランキング形式で紹介します。新築分譲マンションの着工戸数は2017年1~6月期で全国が8,815戸(東京23区7,008戸)、平均価格は全国3,709万円(東京23区7,159万円)となっています。日本の新築分譲マンションは大手7社デベロッパーの寡占とも言われています。それら7社を総称して「メジャーセブン」と言います。メジ。

新築で分譲されるマンションのブランドは沢山あり、それぞれ名前も似ていてややこしいものもあります。どのマンションブランドがどんな位置づけで販売されているのか?我々消費者がマンションブランドを比較する上で知っておきたい違いをまとめました。マンションブランドを複数展開しているデベロッパーは、最上級モデルの位置づけとなっているブランドを持つ場合があります。例えば三井不動産ならパークコートなどです。また1社。

デザイン性が高くハイグレードな外観に高級ホテルを思わせるような内装設備で日々の生活にラグジュアリー感をもたらしてくれるブランドマンション。その人気は、ますます高まっています。実際に、「次に住むならブランドマンションにしたい!」と希望している方も、少なくないでしょう。とはいえ、どんな高級マンションのブランドがあるのか、どのブランドを選べばいいのか迷いますよね。そこで、本記事では、高級マンションに住み。

横浜の傾きマンション問題は、建物の欠陥や不具合が簡単にはなくならないことを改めて認識させた。はたして消費者はこれからどのブランド、施工会社のマンションを選べばいいのだろうか。今回の問題で一つのテーマになったのが、マンションの「資産価値」だ。マンションにとって安全・安心に住めることは何より重要だが、立地や設備などを含めた資産価値の要素も見逃せない。マンションに欠陥が見つかれば、たちまち資産価値も大き。

マンションブランドには、誰もが知っているような人気マンションブランドから、地場の業者が開発・販売するエリア限定マンションブランドまで、実は数多くブランドがあります。そんな多くの中から、人気のマンションブランドにおける特徴と建物品質からブランド力(=価値)を考察し、不動産業者の私ならどのマンションを買うのか?についてご紹介していきます。マイホーム塾で取り扱うからには資産価値という視点は外せませんから。

不動産は、生涯で最も金額が大きい買い物といわれています。マンションを購入してもライフスタイルや家族の人数の変化などで売りに出す場合もあるかもしれません。そんなときに気になるのがマンションの資産価値です。マンションの“ブランド”は資産価値に大きく関わることを知っていますか。この記事では、「ブランドマンション」の特徴やメリットなどについて解説します。不動産会社では、企業名以外にマンションを分譲する際の。

域に根ざす事業を展開して45年を超えた企業ならではの、エリアを知り尽くした特性を活かして、[グランドキャッスル]シリーズのロケーション選定は行われます。 利便性と住環境の両立の視点から厳選された立地に、その魅力を最大化する商品プランニング。敷地の条件や形状、周辺の自然、生活環境との調和を踏まえながら、「そこに、どんな素敵な暮らしが描けるのか」。商品企画の根幹をなすのが、ロケーション選定です。 土地。

小林茂美 不動産の仕入れ(購入)から販売(売却)までサポート可能です。相続のこともお気軽にご相談お待ちしてます。。

神戸を中心に「ワコーレ」ブランドで分譲マンション事業を展開。1899年(明治32年)の創業以来、住まう方にとってかけがえのない「オンリーワン」の住まいを目指した高品質な住まいを提供。神戸製鋼グループの総合生活関連企業として、神戸・阪神間および首都圏を中心にグループ会社6社と共に、数多くのマンションや戸建て住宅、オフイスなどを半世紀にわたり提供。関西圏・首都圏・東海圏で新築マンション・新築戸建事業を。

株式会社FJネクスト(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:肥田 幸春)は、日本経済新聞の広告特集「マンションブランドアンケート2020」( 掲載日:2020年5月28日)において、首都圏を中心に積極的に展開している自社ブランド『ガーラマンションシリーズ』がブランドの認知度で第7位となりましたので、お知らせします。当社は首都圏において1994年に自社ブランド『ガーラマンションシリーズ』を分譲開。

[スタイルアクト(株)代表取締役/不動産コンサルタント]1988年、慶應義塾大学経済学部卒業後、2社を経て、1998年、現スタイルアクト株式会社を設立。マンション購入・売却者向けの「住まいサーフィン」は17万人以上の会員を擁する。「タワーマンション節税」などの不動産を使った節税の実践コンサルティングに定評があり、不動産分野でのベストセラー作家として講演・寄稿・取材・テレビ出演多数。主な著書に『マン。

間取り、広さ、利便性、治安…マンション購入時に重視するポイントはさまざまだが、多くの人が最も重視しているポイントとは?今回はマイボイスコムが10,310件の回答を集めた『マンションのブランドに関するインターネット調査結果』を見てみよう。まず「マンションの購入時期」では、マンションの購入経験者・意向者は3割弱、関東や近畿で高くなっていた。「分譲マンションには関心がなく購入もしない」は63.7%と意外。

野村不動産の代名詞ともいえるマンションブランドが『プラウド』です。『プラウド』には住まう方、創る者、地域の人々までもが「誇り」と感じられるマンションという思いが込められています。お客様に「世界一の時間」と思える時を過ごしていただき、生涯にわたってご満足いただけるよう「製・販・管の一貫体制」で品質向上に努めています。2002年にシリーズ第1号を発表後、首都圏・関西圏を中心に展開。着工から竣工まで数百。

日本の高級マンションブランドを一挙紹介!有名デベロッパーのマンションブランドとは

中には、有名デベロッパーが特に力を入れ、その会社の象徴となっているマンションブランドも存在します。 ここでは、日本の代表的な高級マンションブランドをご紹介していきます。 それぞれの会社が、どのような点に力を入れてマンションを展開しているのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ※写真はイメージです 三井不動産が誇る高級マンションシリーズ、パークマンション。 その最大の特徴は立地にあると言って良いでしょう。 麻布や千鳥ヶ淵、白金など、地名そのものがブランド力を持つ高級住宅地を中心に展開されており、「都会に住む」という憧れを実現しています。 シリーズ最初の三田綱町パーク・マンションは、日本初の超高層マンションとされています。 以降も常に新しい提案を続け、2000年には「土・石・漆を使った和の質感」を大切にする……

マンションブランドそれぞれの特徴をチェック!ブランドは資産価値にも影響する? 不動産用語解説コラム 物件いいとこ探しe

マンション物件の中には、ライオンの銅像とオレンジのレンガがトレードマークのライオンズマンションやタワマンブランドのパークタワーなど、シリーズ名を冠する「マンションブランド」が存在します。それぞれのブランドの特徴や、ブランドマンションのメリットとデメリットを見ていきましょう!マンション物件を建築・販売するデベロッパーが、各自定めたブランドコンセプトのもとに供給するマンションのシリーズが「マンションブランド」と呼ばれています。それぞれのブランドには、富裕層向けの高級感を謳うものやタワマン専門、戸建感のある低層タイプ限定、都内の特定エリア限定など、様々なコンセプトがあり、ブランド名を聞いただけでも特徴を把握できるようになっています。マンションブランドには、パークシリーズのようにひとつのデベロッパーから複数のブランドが展開されているケースもあります。昨今は、様々なデベロッパーから新しいマンションシ……

新築分譲マンション デベロッパーおすすめ比較ランキング一覧

日本の新築マンションデベロッパーと、マンションブランドのおすすめを比較しつつランキング形式で紹介します。新築分譲マンションの着工戸数は2017年1~6月期で全国が8,815戸(東京23区7,008戸)、平均価格は全国3,709万円(東京23区7,159万円)となっています。日本の新築分譲マンションは大手7社デベロッパーの寡占とも言われています。それら7社を総称して「メジャーセブン」と言います。メジャーセブンとは、三井不動産、三菱地所レジデンス、住友不動産、野村不動産、東京建物、大京、東急不動産の7社を指します。またこの7社が提携し新築分譲マンションを流通し合うネットワークもあって、それもメジャーセブンと言います。この7社で、全国の供給戸数のシェアが約46%にも達しています。ブランド力があり、不動産に詳しくない人でさえこの中のいくつかは確実に名前を知っている。そんな知名度を誇る7社です。まず……

新築分譲マンションブランドのおすすめ比較ランキング

新築で分譲されるマンションのブランドは沢山あり、それぞれ名前も似ていてややこしいものもあります。どのマンションブランドがどんな位置づけで販売されているのか?我々消費者がマンションブランドを比較する上で知っておきたい違いをまとめました。マンションブランドを複数展開しているデベロッパーは、最上級モデルの位置づけとなっているブランドを持つ場合があります。例えば三井不動産ならパークコートなどです。また1社で1ブランドのみ展開し、それが高級マンションブランドの位置づけにほぼなっているブランドもあります。例えば野村のプラウドなどですね。以下に最上級や、高級ラインとして展開されているマンションブランドをご紹介します。サンケイビルの高級分譲マンションシリーズ。通常のルフォンに加え、駅近好立地のルフォンリブレ、ファミリー層ターゲットのルフォンソレイユ、賃貸マンションシリーズのルフォンプログレがあります。阪急……

デベロッパー別の高級マンションブランドを一挙ご紹介!【2020年版】

デザイン性が高くハイグレードな外観に高級ホテルを思わせるような内装設備で日々の生活にラグジュアリー感をもたらしてくれるブランドマンション。その人気は、ますます高まっています。実際に、「次に住むならブランドマンションにしたい!」と希望している方も、少なくないでしょう。とはいえ、どんな高級マンションのブランドがあるのか、どのブランドを選べばいいのか迷いますよね。そこで、本記事では、高級マンションに住み替えを考え、事前にブランドごとの特徴や相場価格を知っておきたいという方に、デベロッパー別に分類した高級マンションのブランドをご紹介します。参考となる目安の販売価格も掲載していますので、ぜひ参考にしてください。*ご紹介する相場価格はワンルーム〜2LDKの広さの中古価格です。マンションの築年数、立地条件、部屋の位置などによって大きく変わりますので、あくまでも目安価格として参考にしてください。住友不動産……

マンション価値が落ちないブランドはこれだ 最新の週刊東洋経済 東洋経済オンライン

横浜の傾きマンション問題は、建物の欠陥や不具合が簡単にはなくならないことを改めて認識させた。はたして消費者はこれからどのブランド、施工会社のマンションを選べばいいのだろうか。今回の問題で一つのテーマになったのが、マンションの「資産価値」だ。マンションにとって安全・安心に住めることは何より重要だが、立地や設備などを含めた資産価値の要素も見逃せない。マンションに欠陥が見つかれば、たちまち資産価値も大きく目減りすることになる。11月30日発売の週刊東洋経済12月5日号の特集『これからのマンション選び』は、その資産価値に注目。ビッグデータを活用した不動産情報サイト「住まいサーフィン」(運営:スタイルアクト)の協力を得て、マンションブランド、施工会社別のランキングを作成した。首都圏で2001~13年に分譲されたマンションのうち、2014年内に売り出された中古価格を新築分譲時の価格と比べ騰落率を算出。……

不動産業者の私ならどのマンション買う?人気ブランドの特徴と品質から資産価値を考察

マンションブランドには、誰もが知っているような人気マンションブランドから、地場の業者が開発・販売するエリア限定マンションブランドまで、実は数多くブランドがあります。そんな多くの中から、人気のマンションブランドにおける特徴と建物品質からブランド力(=価値)を考察し、不動産業者の私ならどのマンションを買うのか?についてご紹介していきます。マイホーム塾で取り扱うからには資産価値という視点は外せませんからね!マイホーム塾的視点でマンションブランドを考察していきます。まずは、高級ブランドマンション名から考察。チラシや電車の釣り広告なんかで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?2~5億というように数億もするような部屋が複数住戸用意されるような高級住宅地のマンションを開発・販売できるマンションメーカー(マンションデベロッパー)はほんの数えられるほど。旧財閥系の大手業者と、あと数社程度になります。……

買うならこだわるべき? ブランドマンションの資産価値とは

不動産は、生涯で最も金額が大きい買い物といわれています。マンションを購入してもライフスタイルや家族の人数の変化などで売りに出す場合もあるかもしれません。そんなときに気になるのがマンションの資産価値です。マンションの“ブランド”は資産価値に大きく関わることを知っていますか。この記事では、「ブランドマンション」の特徴やメリットなどについて解説します。不動産会社では、企業名以外にマンションを分譲する際のブランド名を持っていることが多くなっています。例えば、一例を挙げると以下のようなマンションのブランドがあります。野村不動産「プラウド」 三菱地所レジデンス「パークハウス」 三井不動産レジデンシャル「パークホームズ」「パークコート」 住友不動産「シティハウス」「シティタワー」 東急不動産「ブランズ」 東京建物「ブリリア」 大京「ライオンズ」不動産会社によっては、こうしたブランド名の方が認……

ブランドコンセプト マンション事業 新築・分譲マンション販売「 東宝住宅株式会社

域に根ざす事業を展開して45年を超えた企業ならではの、エリアを知り尽くした特性を活かして、[グランドキャッスル]シリーズのロケーション選定は行われます。 利便性と住環境の両立の視点から厳選された立地に、その魅力を最大化する商品プランニング。敷地の条件や形状、周辺の自然、生活環境との調和を踏まえながら、「そこに、どんな素敵な暮らしが描けるのか」。商品企画の根幹をなすのが、ロケーション選定です。 土地が本来持っているポテンシャルをしっかりと引き出すことはもちろん、あえてそこに[グランドキャッスル]が生まれることで、「その土地の価値と可能性をどこまで高めることができるのか」、東宝住宅はチャレンジを続けています。 マンションは都市生活者のための住まい。設備・仕様といったスペックで決まる機能や性能だけでなく、外観やエントランスから、各住戸のすみずみに至るまでのデザインが、都市生活を送るにふさわしい高……

ブランドマンションについて

小林茂美 不動産の仕入れ(購入)から販売(売却)までサポート可能です。相続のこともお気軽にご相談お待ちしてます。……

事業主別ブランドマンション マンションライブラリー 株式会社日住サービス

神戸を中心に「ワコーレ」ブランドで分譲マンション事業を展開。1899年(明治32年)の創業以来、住まう方にとってかけがえのない「オンリーワン」の住まいを目指した高品質な住まいを提供。神戸製鋼グループの総合生活関連企業として、神戸・阪神間および首都圏を中心にグループ会社6社と共に、数多くのマンションや戸建て住宅、オフイスなどを半世紀にわたり提供。関西圏・首都圏・東海圏で新築マンション・新築戸建事業をローレルブランドを中心に展開する近鉄グループのディベロッパー。ゴルフ場・ホテル経営も展開する。マンションだけでなくオフィスやリゾート施設、店舗等を総合的に全国規模で展開する住友グループの企業。関西圏においても、数々のタワーマンションや大規模マンションを手がける。全国区規模で事業を展開する総合住宅メーカー。注文住宅だけでなく、大規模なまちづくりも数多く実施しており、都心部における厳選された立地での分……

日本経済新聞「マンションブランドアンケート2020」においてブランド認知度が第7位にランクイン

株式会社FJネクスト(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:肥田 幸春)は、日本経済新聞の広告特集「マンションブランドアンケート2020」( 掲載日:2020年5月28日)において、首都圏を中心に積極的に展開している自社ブランド『ガーラマンションシリーズ』がブランドの認知度で第7位となりましたので、お知らせします。当社は首都圏において1994年に自社ブランド『ガーラマンションシリーズ』を分譲開始しました。社会の一線で活躍する首都圏の単身者の生活を支えるインフラとして、また、安定した収益を不動産に求める方への資産運用商品として、これまでに供給したマンションは20,000戸を超え、また入居率は安定して高い水準を維持しています。今年で創業40周年をむかえ、当社は今後も立地と品質にこだわった商品開発に加え、顧客サポート体制の充実を通じて企業・商品ブランド価値の向上に努めてまいります。ガーラ・プ……

ブランドマンション独自ランキング、購入時より高く売れるのはここだ! ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識

[スタイルアクト(株)代表取締役/不動産コンサルタント]1988年、慶應義塾大学経済学部卒業後、2社を経て、1998年、現スタイルアクト株式会社を設立。マンション購入・売却者向けの「住まいサーフィン」は17万人以上の会員を擁する。「タワーマンション節税」などの不動産を使った節税の実践コンサルティングに定評があり、不動産分野でのベストセラー作家として講演・寄稿・取材・テレビ出演多数。主な著書に『マンションは10年で買い替えなさい』(朝日新書、2012年)、『マンションを今すぐ買いなさい』(ダイヤモンド社、2013年)、『タワーマンション節税! 相続対策は東京の不動産でやりなさい』(朝日新書、2014年)など。ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識不動産は個人資産の半分を占めるにもかかわらず、プロとの情報格差が大きい。この情報格差を少しでも解消できれば、個人はもっと多角的な視点から「よい物件……

住んでみたいマンションのブランドランキング、3位グランドメゾン・ライオンズマンション、2位ザ・パークハウス、1位は? @DIME

間取り、広さ、利便性、治安…マンション購入時に重視するポイントはさまざまだが、多くの人が最も重視しているポイントとは?今回はマイボイスコムが10,310件の回答を集めた『マンションのブランドに関するインターネット調査結果』を見てみよう。まず「マンションの購入時期」では、マンションの購入経験者・意向者は3割弱、関東や近畿で高くなっていた。「分譲マンションには関心がなく購入もしない」は63.7%と意外と高い割合に。マンション購入時の重視点は(複数回答)、「最寄駅からの距離」「生活環境の利便性」「日当たり・採光」「間取り」が購入経験者・意向者の6~7割。女性が男性を上回る項目が多く、「日当たり・採光」「住居の向き」「生活環境の利便性」「地域の治安」「間取り」「収納スペース」は男女差が大きくなっていた。マンション購入時の情報源は(複数回答)「住宅情報サイト、比較サイト」「展示場・モデルルーム」「マ……

住まい 事業内容 野村不動産株式会社

野村不動産の代名詞ともいえるマンションブランドが『プラウド』です。『プラウド』には住まう方、創る者、地域の人々までもが「誇り」と感じられるマンションという思いが込められています。お客様に「世界一の時間」と思える時を過ごしていただき、生涯にわたってご満足いただけるよう「製・販・管の一貫体制」で品質向上に努めています。2002年にシリーズ第1号を発表後、首都圏・関西圏を中心に展開。着工から竣工まで数百の項目を専門のスタッフがチェックし、さらに多くの検査を行うことで住まいの品質維持に取り組んでいます。また、竣工後のアフターサービスも野村不動産自らが責任を持って行う体制をとり、入居後は「野村不動産グループカスタマークラブ」などにより多面的にお客様をサポートしています。……

平均ユーザー評価

4.0 / 5

カテゴリ