新築分譲マンション デメリット

新築分譲マンション デメリット、新築マンションのメリット・デメリットは?

家の購入を考える時、マンションにするか戸建てにするか、新築にするか中古にするか、悩む方も多いのではないでしょうか? ここでは新築マンションについて考えてみましょう。駅からの距離や面積が同じ程度なら、築年数が古くいったん誰かが使った中古物件の方が価格は安くなります。売り主によっては値引きに応じてもらえたりもします。 ただ、中古物件はいつどこで売り情報が出るかわからず、条件に合った物件が出ても1点もの。

マンション購入を考える上で、新築と中古マンションのどちらが良いのでしょうか? それぞれにメリット・デメリットがあり、その点をよく整理した上で納得いくかたちで検討したいものです。今回は不動産コンサルタントの長嶋 修さんに、新築と中古マンションを購入比較する上で知っておきたいことについてアドバイスいただきました。新築と中古マンションの比較検討というテーマは、「絶対新築派!」「中古を自分好みにカスタマイ。

なんと言っても、誰も使用していない住宅は気持ちの良いものです。 また、住宅の性能という点においても年々向上しています。例えば、マンションの上下階の音の問題が解消されていたり、断熱性能が高い建具が採用されていたり、長持ちする様々な工夫が凝らしてあったりします。新築マンションは、買うタイミングによって、最新の設備のトレンドが反映されている点も魅力の一つですね。また、コンクリートが高強度になっていたり、。

様々な場面で比較される定番と言えるこのテーマで悩んでいる方は少なくないでしょう。人それぞれのライフスタイルや考え方にもよると思いますが、購入と賃貸のメリット・デメリットを挙げて比較してみていきます。賃貸に住むことのメリットとしては、家族構成に合わせて間取りや広さなど選んで住めること。勤務先や子供の進学に合わせ、通勤・通学に適した住宅に引越すことも可能。近隣の住環境の変化に合わせて、住まう場所を選べ。

自分たち以前に誰も住んだことがなく、全てが新しさに包まれていることがまず挙げられるでしょう。最新の設備と最新のデザインが施された部屋に住むことに喜びを感じる方に、新築マンションはうってつけです。その他にも、住環境に対してあまり興味がなかったり、部屋を自分なりに変える時間的余裕がなかったりする人にも、全てが揃っている新築マンションは買って損はないでしょう。まずは新築価格とも言える値段です。当然のこと。

持ち家を買う場合、新築にするか中古にするかという問題があります。それぞれどんなメリットやデメリットがあるのか、買うときや買ってからのお金にどんな違いがあるのか、ファイナンシャルプランナー(CFP®)の久谷真理子さんに教えてもらいました。まず新築のメリットですが、なんといっても「新しい」ということでしょう。まだ誰も住んだことがないので、床も天井も壁も、住宅設備も新品です。もちろん、新品の状態は最初だ。

家を買うときに「マンションか一戸建てか」の選択肢は、多くの人が悩むところでしょう。それぞれどのような特徴があるのか、お金の面も含めてファイナンシャルプランナー(CFP®)の永田博宣さんに伺いました。マンションのメリットとして永田さんがまず挙げるのは、共用部の管理についてです。「エントランスや共用廊下などは管理会社が清掃してくれるので、居住者のわずらわしさは軽くなります。また最近は24時間いつでもゴ。

住宅には一戸建てやマンションの中にも様々な種類があります。「新しい方がいいから新築マンション!」「安いから中古マンション!」などと安易に思い込みで決断してしまうと、選択肢を狭めてしまうことになります。それって実はもったいない!記事では新築マンション・中古マンションそれぞれのメリット・デメリットを ①価格 ②設備 ③選びやすさ で解説。一生に一度の住宅選び、しっかり理解してから決めましょう!まずは物。

今回、中古マンションのメリットを新築マンションと比較して表にまとめました。結論としては、共有部の設備グレードやステータスを気にするという方、絶対に新品でなければ我慢できない方以外は、中古マンションをおすすめします。理由は本文にゆずりますが、後半では中古マンションを選ぶ際の注意点についてもまとめています。中古マンションを購入するか、それとも新築マンションの方がいいのかと迷っている方は、中古マンション。

賃貸の部屋を探しているときに「分譲賃貸」という言葉を見かけることがある。設備や立地もよく、借りる人にとっては好条件がそろっているようだ。しかし、分譲賃貸マンションならではの、注意点があるのも事実。いいところだけを見て、後悔しないためにも、デメリットを含めた分譲賃貸マンションの基礎知識を身に付けておこう。今回は分譲賃貸を数多く取り扱っている三井不動産リアルティの麻布リアルプラン賃貸センター所長飯田氏。

新築マンション、中古マンションの購入においての双方のメリット、デメリットを比較しました。その上で購入の前にどちらがお得か、または購入しやすいのかを検証しました。設備や技術の進化で中古でもきれいなマンションはたくさんあります。まずは新築にこだわらず広く視野をもって物件探しをすることが大切です。税制面では新築のほうが優遇されます。例えば新築マンションは物件価格や年収に応じて「住宅ローン控除」「不動産取。

新築か中古か。家探しをするにあたって、どちらか迷われる方も多いのではないでしょうか。価格の違い以外にも知っておきたい税控除の制度や思いがけず掛かる費用があります。それぞれのメリット・デメリットを知り、理想の住まい探しに活かしてください。新築のメリットは、ずばりそのものですが「新しい」ということでしょう。キッチン設備、浴室やトイレなどの設備も最新のものを使うことができ、さらに注文住宅であれば自分好み。

何を購入するにしても、新品は気持ちが良いものです。マンションも新築は視覚的にも嗅覚的にも新鮮でとても気持ちが良いです。モデルルームで未来をイメージするだけで幸せな気分になります。しかし、マンションに関しては、新築に中古が勝る点がいくつもあります。今回は新築マンションと中古マンション、それぞれの特徴とそれぞれの利点について話していきます。新築マンションと中古マンションの価格の平均値をみると、新築が高。

不動産会社に営業マンとして勤務している管理人は、日々物件を探しておられるお客様と接しています。そして、ご購入希望のお客様から最も多く頂く質問が「戸建てと分譲マンションでは、どちらを買うべきか?」というものです。当然ながら戸建てには戸建ての、マンションにはマンションの「メリット・デメリット」がありますから、この質問に簡潔にお返事をするのは「非常に難しい」というのが正直なところとなります。また、お客様。

新築の最大の魅力は、なんといっても自分が最初の居住者である、ということでしょう。 当然、床から壁、すべての備品が新品で、経年劣化もありません。マンションの設備も、日進月歩です。スイッチ一つで給湯してくれるお風呂、雨の日でも洗濯物が乾く浴室乾燥機、最新のセキュリティなど、快適性を増してくれる設備が、次々に備え付けられるようになってきています。 新しいマンションほど、そういった設備は充実しています。新。

分譲住宅のメリットは3つあります。まずはズバリ、分譲住宅の場合、すでに完成している住宅をその目で確認してから購入することが可能です。 日当たりのよさや収納スペースの数など、生活環境を左右しかねない要素をあらかじめ確認できるため、このポイントは非常に大きなメリットだといえます。分譲住宅には、費用が比較的安いというメリットもあります。住宅の購入はとても大きな買い物であるため、で。

住宅購入を考えるとき、最初に迷うのは「マンションと一戸建て、どちらを選ぶか」ではないでしょうか?どちらにもメリットがあればデメリットもあるので、ベストな選択はあなたの暮らし方や価値観によって変わります。 マンションがいい人もいれば、一戸建てを選ぶべき人もいるでしょう。マンションと一戸建ての違いはいったい何なのか、それぞれの特徴を徹底的に比較しながら解説します。初めに、マンションの特徴を見てみまし。

専有部内をリノベーションしても、集合住宅である以上、共用エリアにあたる部分については改装を行うことができません。そのため、外観やエレベーター、共用廊下、バルコニーなどは旧い状態のままであり、その点を気にしない方や古びた雰囲気を楽しめる方などに適している選択肢と言えるでしょう。 きちんと清掃が行き届いているか、定期的な修繕がされているかといった管理状況のチェックすることが最も重要なポイントです。購。

家の購入は、多くの人にとって人生で一番大きな買い物となります。できれば新築が欲しいところですが、どうしても予算の問題があります。一方で中古マンションはお手頃ですし、リノベーションをすれば新品と比較しても遜色のないものになるので新築とどちらを購入するか迷う人も多いでしょう。ここでは、中古マンションのリノベーションのメリットとデメリットをご紹介します。中古物件をリノベーションするメリットとして最初に挙。

ピカピカの新築のマイホーム。憧れますよね。とは言え中古の住宅も負けてはいません。築浅の物件やリノベーション済物件なら、ほとんど新築と変わらない見た目で新築よりもお値打ち価格でマイホームを手に入れることができます。この記事では、新築と中古のメリットデメリットや費用の違いをご紹介します。どちらがあなたに合っているかチェックしてみてくださいね。まずは、新築と中古、それぞれのメリットデメリットをチェックし。

マイホームの購入を検討する中で、分譲住宅のメリット・デメリットを知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。分譲住宅は、土地と建物がセットで販売される一戸建て住宅(建売住宅)として良く知られていますが、費用面などその特徴については詳しく知らない方も多いでしょう。今回は、住宅購入を検討中の方が知っておきたい、分譲住宅のメリット・デメリットについてご紹介します。分譲住宅(建売住宅)は、建築会社が広い土。

壁や床の素材は違います。 便利そうな設備や、器具なども、よく見れば「オプション」と表示してあることが往々にしてあります。新築物件の価値は、5年?10年ででだいたい半額程度にまで下がります。 中古物件なら、2割減くらいです。 特に、駅から5分以上かかる物件は、値下がり率が大きくなります。最初は業者の決めた金額ですから、販売しやすいよう、不自然に低く設定してある場合があります。 その方が、一見、負担が。

住宅購入を検討する人から、「新築と中古、どちらのマンションにするか迷っている」という話を聞くことがあります。実際に、新築と中古ではどのようなメリットやデメリットがあり、選ぶ際は何をチェックすればよいのでしょうか。今回は、住宅購入をする際に新築と中古、どちらを選べばよいのかを考えていきます。新築住宅と中古住宅では、何がどのくらい違ってくるのでしょうか。新築・中古マンションの例ですが、代表的な2つの項。

急な転勤などを理由に、住んでいた分譲マンションが空いてしまう事態となった場合、「貸す」と「売る」で迷いますよね。今回は、分譲マンションを貸す、もしくは売った場合におけるそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。居住用として所有している分譲マンションを貸すか売るかの問題は、現在お悩み中の方だけでなく、近い将来に引っ越す可能性が少しでもある方も余裕のあるうちに考えておいた方が良い問題でしょう。その。

注文住宅」と「分譲住宅」の大きな違いは、一から住宅を建てるか、既に完成している住宅を購入するかです。 「注文住宅」は、購入者自ら土地を購入し、そこに自分の好きな住宅を建てます。分譲住宅と比較して住宅価格は高くなりがちですが、デザインや間取りを自分で。

結婚を機に、新居を探しています。色々と調べている中で「分譲マンション」という言葉をよく目にするのですが、分譲マンションとはどのようなマンションのことをいうのでしょうか? 情報提供:マンション暮らしガイド編集部 「分譲」とは「分割譲渡」という言葉の略です。一棟のマンションを一戸ごとに「分割」して販売しているので、分譲マンションと呼びます。。

リノベーションと聞いて、皆さんは何を想像するでしょうか。部屋の間取りさえも大きく変更できるリノベーションは、建物に新しい価値を与えてくれます。しかし、どんなものにもメリットとデメリットは存在します。リノベーションを正しくとらえることで、さらにそのものの真の値打ちが見えてくることでしょう。中古マンションを購入してリノベーションしたほうがいいのか、リノベーション済みで販売されているマンションを購入した。

前回は、マンションのメリットについてご紹介しました。しかし、都会で暮らすのに便利なマンションにもデメリットがあるのはご存じですか? 今回は、そんなマンションのデメリットについてご紹介します。・自由後は低い 生活音に関するストレスがかかることや、自由度が低いことは、戸建て住宅との大きな違いです。 現在のマンションは防音性が向上し、隣の音は聞こえ難くなりました。しかし、上階の振動は完全には消すことがで。

住宅を購入する選択肢には、「新築住宅の購入」、「中古住宅の購入」、そして「中古住宅を購入してリフォーム」、があるかと思います。 新築住宅の購入は、自分たちの要望を最大限組み入れた住宅が購入できる、というメリットや、費用が高いという代表的なデメリットが思い浮かぶかと思いますが、今回は新築住宅の購入と中古住宅を購入してリフォームする際のメリットデメリットについて詳細にお伝えしてまいります。新築住宅を購。

日本では、圧倒的に新築住宅の方が中古住宅よりも売れています。国土交通省の資料によると、全住宅流通量に占める中古のシェアは、わずか13.5%(2008年)。アメリカの90.3%(2009年)やイギリスの85.8%(2009年)など欧米諸国と比較すると極端に少ないのです。 同省の住宅市場動向調査(2014年度)で、新築一戸建て(分譲)を購入した人に中古一戸建てにしなかった理由を聞くと、1位は「新築の一。

作成日:2019/08/15マンションの代表的なデメリットといえば、「維持費用がかかる」「土地と比べて資産価値が落ちやすい」「隣人トラブルが起きやすい」の3つ。でもこれって本当にデメリットといえるのでしょうか?戸建てとマンションでお悩みの方にはぜひご覧いただきたい内容です。「マンションはデメリットだらけ!」とは思っていませんか?マンションの代表的なデメリットとされているのは、次の3つの事柄ではない。

住宅購入を決める際に新築一戸建て住宅とマンションのどちらを選択するか悩む方は多いでしょう。結論から言えば、新築一戸建て住宅とマンションにはそれぞれメリットとデメリットがあります。一概にどちらの方が得だと言うことはなく、人によっても選択肢の基準は異なります。家族構成や理想の住まいを実現する住まいを探すことが大切です。▽ここがポイント ● 注文住宅は、家族の理想の家を実現可能 ● リフォームが自由にで。

リノベーション物件の無駄と不安話①事業者にとっての利益が大きいリノベーション物件とは、物件を仕入れてリフォームを施し、再販するというビジネスモデルです。【1】とにかく安い物件を仕入れる【2】なるべくコストを抑えてリフォームして、売りやすいようにする【3】最後にできるだけ高く売るこれでは個人間の売買に比べたら、費用が割高になるのはあたりまえです。②構造は大丈夫なのか中古住宅には古い建築基準法に基づい。

マンションを購入する際に「中古マンションって価格の安さが魅力的…でも本当にそれだけで決めていいの?」このように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?その慎重さは、住宅選びにおいて大切なポイントです。メリットだけでなくデメリットも理解しなければ、入居後に後悔するかもしれません。そこで今回は、中古マンションのメリットとデメリットを比較してみました!そのうえで、どのような場合中古マンションを選。

東京都心部の「定期借地権付きマンション」として売り出された「シティタワー品川」は、中古価格が2008年販売時の2倍以上に跳ね上がり話題となりました。価格面では魅力的な「定期借地権付きマンション」ですが、長い目で見ると本当にお買い得なのでしょうか? 今回は、「定期借地権付きマンション」のメリット、デメリットを考えてみたいと思います。(不動産・住生活ライター・高田七穂) 分譲マンションでは多くの場合、。

暮らしにも多様性の波が広がってきた最近では、中古マンションをリノベーションして住む方も増えています。共働きや核家族化といった背景から、新築一戸建てにこだわらず利便性や自分たちに合った暮らしを求める方が多くなったためといえるでしょう。そのため、中古マンションを購入してリノベーションする方のための情報は非常に多くなっています。しかし、空き家の中古マンションを所有する側は売却・賃貸にあたってリノベーショ。

収益マンションの物件選びでは、新築か中古かで悩む方も多いのではないしょうか。新築マンションは価格が高くなりますが、担保価値も高いため、ローンを組みやすいのが特徴です。一方、中古マンションの価格は安く、利回りは高めですが、維持費がかかりやすいなどのデメリットがあります。そこでこの記事では、マンション投資の特徴や、新築マンションと中古マンションのメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。マンショ。

新築マンションのメリット・デメリットは?

家の購入を考える時、マンションにするか戸建てにするか、新築にするか中古にするか、悩む方も多いのではないでしょうか? ここでは新築マンションについて考えてみましょう。駅からの距離や面積が同じ程度なら、築年数が古くいったん誰かが使った中古物件の方が価格は安くなります。売り主によっては値引きに応じてもらえたりもします。 ただ、中古物件はいつどこで売り情報が出るかわからず、条件に合った物件が出ても1点ものなので迷っているうちに売れてしまうことがよくあります。一方、新築マンションでは数十戸~数百戸がいっせいに分譲されそこにはたいてい同じ間取りの部屋がいくつもあるので、中古よりは検討する時間があるといえます。新築マンションの分譲時には、たいてい複数の間取りが用意されています。 同じ3LDKでも、畳の部屋があるタイプや全室フローリングタイプ、リビングダイニング(LD)とキッチン(K)が別になっているタイ……

新築VS中古のメリットとデメリット、マンション選びに大切な2つのポイント MAJOR'S

マンション購入を考える上で、新築と中古マンションのどちらが良いのでしょうか? それぞれにメリット・デメリットがあり、その点をよく整理した上で納得いくかたちで検討したいものです。今回は不動産コンサルタントの長嶋 修さんに、新築と中古マンションを購入比較する上で知っておきたいことについてアドバイスいただきました。新築と中古マンションの比較検討というテーマは、「絶対新築派!」「中古を自分好みにカスタマイズしたい」など、個人の嗜好や満足度が大きな影響を及ぼす問題でもあります。この機会に、感情的な問題だけで考えるのではなく、客観的に事実を並べて比較してみると、単なる思い込みや狭い視野にとらわれていたことに気付いて、冷静な判断ができるかもしれません。今回お話を伺った不動産コンサルタントの長嶋修さんは、国内で初めて中立・公正な「個人向け不動産コンサルティングサービス」と「ホームインスペクションサービス(……

【ホームズ】買うならやっぱり新築マンション!知っておくべき新築のメリットデメリット

なんと言っても、誰も使用していない住宅は気持ちの良いものです。 また、住宅の性能という点においても年々向上しています。例えば、マンションの上下階の音の問題が解消されていたり、断熱性能が高い建具が採用されていたり、長持ちする様々な工夫が凝らしてあったりします。新築マンションは、買うタイミングによって、最新の設備のトレンドが反映されている点も魅力の一つですね。また、コンクリートが高強度になっていたり、耐震基準が最も新しい基準で建てられていることも大きな安心の一つです。 地震大国の日本では大震災がある度に、耐震基準が見直されていますし、基準が段々と厳しくなると同時に、耐震偽装事件後は特に建築会社のコンプライアンス(法令遵守・企業倫理)も高まっているため、これからは益々安心できるでしょう。そして、近年最も注目されている「省エネルギー対応」をはじめ、設備品機器も最新のものが採用されているということも……

マンション購入と賃貸のメリット・デメリットを比較

様々な場面で比較される定番と言えるこのテーマで悩んでいる方は少なくないでしょう。人それぞれのライフスタイルや考え方にもよると思いますが、購入と賃貸のメリット・デメリットを挙げて比較してみていきます。賃貸に住むことのメリットとしては、家族構成に合わせて間取りや広さなど選んで住めること。勤務先や子供の進学に合わせ、通勤・通学に適した住宅に引越すことも可能。近隣の住環境の変化に合わせて、住まう場所を選べるところもメリットです。賃貸住宅は設備や家が古くなったら、新しい家に気軽に引越すことも可能です。またライフスタイルに合わせ、特定の場所や地域で気軽に住まうことができます。購入という選択は、最終的には住宅ローンが終われば完全に自分の住まいになります。長期的に見れば購入した方が良いが、転勤や結婚など、将来の予定がまだ決まっていない場合は賃貸の方がメリットがあることも。選択の自由や気軽さがメリットの賃貸……

新築マンションのメリット・デメリット

自分たち以前に誰も住んだことがなく、全てが新しさに包まれていることがまず挙げられるでしょう。最新の設備と最新のデザインが施された部屋に住むことに喜びを感じる方に、新築マンションはうってつけです。その他にも、住環境に対してあまり興味がなかったり、部屋を自分なりに変える時間的余裕がなかったりする人にも、全てが揃っている新築マンションは買って損はないでしょう。まずは新築価格とも言える値段です。当然のことですが中古マンションよりは費用がかかります。逆に中古マンションは、築年数が新築より少し古いだけで同じような立地や間取りでも価格をはるかに抑えられることがあります。また、価格が高い新築を購入すると、部屋の間取りや使い勝手がイマイチだった時にリフォーム代まで捻出できない可能性があります。使いづらい部屋をこれから何十年も我慢して使い続けなければいけないことはストレスになるでしょう。住宅ローンの返済が終わ……

新築vs中古。メリット・デメリットをFPに聞いてみた SUUMO

持ち家を買う場合、新築にするか中古にするかという問題があります。それぞれどんなメリットやデメリットがあるのか、買うときや買ってからのお金にどんな違いがあるのか、ファイナンシャルプランナー(CFP®)の久谷真理子さんに教えてもらいました。まず新築のメリットですが、なんといっても「新しい」ということでしょう。まだ誰も住んだことがないので、床も天井も壁も、住宅設備も新品です。もちろん、新品の状態は最初だけですが、他人が住んだことがない状態はずっと続きます。設備が新品ということは、最新の機能を備えている場合も多くなります。オートバスや断熱ガラスはもはやほぼ標準装備です。新築マンションでは床暖房やカードキー、LED照明や生ゴミディスポーザーなどを備える物件も多くなっています。新築マンションや建売住宅は設備を選ぶのは基本的に売主なので、必ずしも最新機能を備えた設備がそろうわけではありません。ただ、ケー……

マンションvs一戸建て。メリット・デメリットをFPに聞いてみた SUUMO

家を買うときに「マンションか一戸建てか」の選択肢は、多くの人が悩むところでしょう。それぞれどのような特徴があるのか、お金の面も含めてファイナンシャルプランナー(CFP®)の永田博宣さんに伺いました。マンションのメリットとして永田さんがまず挙げるのは、共用部の管理についてです。「エントランスや共用廊下などは管理会社が清掃してくれるので、居住者のわずらわしさは軽くなります。また最近は24時間いつでもゴミを出せる物件が増えているので、暮らしの利便性は高いでしょう」またマンションは玄関ドアの鍵一つで外出できるといわれるように、防犯上もメリットがあります。エントランスはオートロックになっており、ここでも不審者の侵入をある程度防ぐことが可能です。「仮に不審者が建物内に入ったとしても、管理員や居住者の目があるので犯罪を未然に防ぐ効果が期待できます」(永田さん)標準的なマンションの住戸はワンフロアなので室……

新築VS中古マンション購入するならどっち?デメリットや違いも紹介

住宅には一戸建てやマンションの中にも様々な種類があります。「新しい方がいいから新築マンション!」「安いから中古マンション!」などと安易に思い込みで決断してしまうと、選択肢を狭めてしまうことになります。それって実はもったいない!記事では新築マンション・中古マンションそれぞれのメリット・デメリットを ①価格 ②設備 ③選びやすさ で解説。一生に一度の住宅選び、しっかり理解してから決めましょう!まずは物件の価格で新築マンションと中古マンションのメリット・デメリットを見てみましょう。マンションは築年数ごとに価格が下がっていくので、新築よりも中古マンションの方が購入価格は安くなるのが一般的です。2018年の首都圏(1都3県)のそれぞれの価格を比較してみると、と、中古マンションのほうが4割近く安く購入できることが分かります。新築マンションは販売におけるCMや雑誌広告などの広告費用が乗っているため、販売……

【投資家監修】新築では得られない中古マンション独自メリット3つ

今回、中古マンションのメリットを新築マンションと比較して表にまとめました。結論としては、共有部の設備グレードやステータスを気にするという方、絶対に新品でなければ我慢できない方以外は、中古マンションをおすすめします。理由は本文にゆずりますが、後半では中古マンションを選ぶ際の注意点についてもまとめています。中古マンションを購入するか、それとも新築マンションの方がいいのかと迷っている方は、中古マンションのメリットがわかる本記事の内容を参考になさってください。宅地建物取引士、不動産投資家歴15年、元銀行員。新築マンションの優位性としては設備の新しさやグレードの高さなどのステータス面が挙げられます。それに対し、中古マンションの優位なところは価格の安さ、エリア自由度の高さ、流通数の多さなどです。また耐震性に関して中古マンションは劣ると思われがちですが、実は中古の方が安全性が高い可能性があります。以下、……

メリットとデメリットは!? 分譲賃貸マンションを借りる人が知っておくべきこと

賃貸の部屋を探しているときに「分譲賃貸」という言葉を見かけることがある。設備や立地もよく、借りる人にとっては好条件がそろっているようだ。しかし、分譲賃貸マンションならではの、注意点があるのも事実。いいところだけを見て、後悔しないためにも、デメリットを含めた分譲賃貸マンションの基礎知識を身に付けておこう。今回は分譲賃貸を数多く取り扱っている三井不動産リアルティの麻布リアルプラン賃貸センター所長飯田氏に聞いてみた。分譲賃貸マンションとは、本来分譲マンションとして購入されたものが、何らかの事情で賃貸物件として貸し出されたものをいう。「多いのはオーナーが転勤などの事情で住めなくなった場合に、その間賃貸に出すケース。またオーナーが元々投資目的で購入して賃貸に出しているものもあります」と飯田氏。自分のマイホームとして「一生で一番大きな買い物」になることが多いので、 分譲マンションは賃貸専用に建てられた……

新築と中古マンションのメリット・デメリットを徹底比較

新築マンション、中古マンションの購入においての双方のメリット、デメリットを比較しました。その上で購入の前にどちらがお得か、または購入しやすいのかを検証しました。設備や技術の進化で中古でもきれいなマンションはたくさんあります。まずは新築にこだわらず広く視野をもって物件探しをすることが大切です。税制面では新築のほうが優遇されます。例えば新築マンションは物件価格や年収に応じて「住宅ローン控除」「不動産取得税」「固定資産税」等の税金の控除を受けることが可能となり、中古で購入するよりも優遇されます。また物件購入代金とは別にかかる費用(諸経費)は新築の場合物件価格の3~6%、中古の場合6~9%と言われています。諸経費の中でも大きな額となる仲介手数料を支払う必要がなく、全体的な諸経費を抑えられる点、さらに税制面で優遇されるという点は大きなメリットです。新築のマンションは新耐震基準を確実に満たしており建物……

新築vs中古 メリットやデメリット

新築か中古か。家探しをするにあたって、どちらか迷われる方も多いのではないでしょうか。価格の違い以外にも知っておきたい税控除の制度や思いがけず掛かる費用があります。それぞれのメリット・デメリットを知り、理想の住まい探しに活かしてください。新築のメリットは、ずばりそのものですが「新しい」ということでしょう。キッチン設備、浴室やトイレなどの設備も最新のものを使うことができ、さらに注文住宅であれば自分好みの間取りにしたり、屋根や外壁、壁紙にこだわったりなど思い入れのあるマイホームを建てることができます。中古住宅であれば特に水回りやキッチンなどは劣化が気になるため購入後にリフォームをする場合が多いです。しかし、新築住宅であれば、分譲住宅の既存の設備をアップグレードするといったようなケースを除きリフォームの必要はありません。住宅は大きい買い物です。そのため、税を軽減する制度が設けられています。新築住宅……

新築マンションと中古マンションってどちらの方がいいの?

何を購入するにしても、新品は気持ちが良いものです。マンションも新築は視覚的にも嗅覚的にも新鮮でとても気持ちが良いです。モデルルームで未来をイメージするだけで幸せな気分になります。しかし、マンションに関しては、新築に中古が勝る点がいくつもあります。今回は新築マンションと中古マンション、それぞれの特徴とそれぞれの利点について話していきます。新築マンションと中古マンションの価格の平均値をみると、新築が高いことがわかります。首都圏の㎡単価で比較してみると新築 81.3万円/㎡、中古 51.46万円/㎡と中古マンションは新築マンションに比べて約36.7%、東京都の㎡単価で比較してみると新築 119.8万円/㎡、中古 67.81万円/㎡と中古マンションは新築マンションに比べて約43.3%安いことがわかります。新築マンション。。。価格が高過ぎて手が出ません(>……

分譲マンションのメリット・デメリットを解説!

不動産会社に営業マンとして勤務している管理人は、日々物件を探しておられるお客様と接しています。そして、ご購入希望のお客様から最も多く頂く質問が「戸建てと分譲マンションでは、どちらを買うべきか?」というものです。当然ながら戸建てには戸建ての、マンションにはマンションの「メリット・デメリット」がありますから、この質問に簡潔にお返事をするのは「非常に難しい」というのが正直なところとなります。また、お客様の間では「マンションを買う方が絶対に気楽!」という認識が広まっているように感じられるのですが、不動産屋さん的には『そうとばかりも言い切れない』というのが本音なのです。そこで本日は、「分譲マンションのメリット・デメリットを解説!」と題して、分譲マンションの利点と問題点についてお話しをさせていただきたいと思います。冒頭からマイナス面や注意点をお話すると、まるで「マンションの購入がお勧めできない」という……

人生1回は住みたい新築マンションのメリット・デメリット!

新築の最大の魅力は、なんといっても自分が最初の居住者である、ということでしょう。 当然、床から壁、すべての備品が新品で、経年劣化もありません。マンションの設備も、日進月歩です。スイッチ一つで給湯してくれるお風呂、雨の日でも洗濯物が乾く浴室乾燥機、最新のセキュリティなど、快適性を増してくれる設備が、次々に備え付けられるようになってきています。 新しいマンションほど、そういった設備は充実しています。新築マンションの多くは、駅が近かったり、アクセスしやすい場所など、立地にこだわって建てられています。なので、生活に不便することなく住みやすい環境になります。新築物件と言うと賃料が高いイメージがあるかもしれませんが、実際はエリアの相場とほとんど差はありません。逆に、新築物件であれば入居率を高めるためにも、敷金・礼金ゼロなどの物件が多くみられます。入居時の初期費用が低く抑えるためにもそうした情報も見逃さ……

分譲住宅のメリットとデメリット 新築分譲住宅 購入まめ知識

分譲住宅のメリットは3つあります。まずはズバリ、分譲住宅の場合、すでに完成している住宅をその目で確認してから購入することが可能です。 日当たりのよさや収納スペースの数など、生活環境を左右しかねない要素をあらかじめ確認できるため、このポイントは非常に大きなメリットだといえます。分譲住宅には、費用が比較的安いというメリットもあります。住宅の購入はとても大きな買い物であるため、できるだけ費用は抑えたいところ。費用が安いというメリットは、こうした意味でも非常に有益だといえます。 そして、費用が明示されていることは、予算が立てやすいというメリットにも繋がります。購入に必要な費用を把握していれば、それを前もって用意しておくことが可能です。一般的に大型の分譲住宅は、昔、畑や田だった土地を造成する為、街中から少し離れた場所などに建築することが多い傾向にありま……

マンションと一戸建て徹底比較!あなたに合うのはどっち?

住宅購入を考えるとき、最初に迷うのは「マンションと一戸建て、どちらを選ぶか」ではないでしょうか?どちらにもメリットがあればデメリットもあるので、ベストな選択はあなたの暮らし方や価値観によって変わります。 マンションがいい人もいれば、一戸建てを選ぶべき人もいるでしょう。マンションと一戸建ての違いはいったい何なのか、それぞれの特徴を徹底的に比較しながら解説します。初めに、マンションの特徴を見てみましょう。マンションの住戸は基本的にワンフロアなので、同じ面積でも一戸建てに比べ有効な床面積が増え、狭いと感じにくい傾向があります。家事動線もシンプルで、階段もないのでバリアフリー化への対応もかんたん。また、中・高層階の住戸なら、採光や風通し、眺望も良好です。窓から空き巣に入られたりするリスクも低くなります。マンションには共用部分(廊下やエントランス、エレベーターなど)がありますが、これらの維持管理は……

リノベーションマンションの新築との違い、メリットデメリットはどこにある?

専有部内をリノベーションしても、集合住宅である以上、共用エリアにあたる部分については改装を行うことができません。そのため、外観やエレベーター、共用廊下、バルコニーなどは旧い状態のままであり、その点を気にしない方や古びた雰囲気を楽しめる方などに適している選択肢と言えるでしょう。 きちんと清掃が行き届いているか、定期的な修繕がされているかといった管理状況のチェックすることが最も重要なポイントです。購入を決める前には必ず、今後の修繕計画についても確認しておく必要があります。 また、立地条件で希望の合う場所に、好みの間取りや設備のリノベーションマンションがあるかどうかは常に流動的であり、すぐに適した物件に巡り合えないかもしれなません。この点もデメリットと言えるかもしれませんが、リノベーションマンションの供給は増加傾向にあり、探しやすさの面での不自由は解消される傾向が見られます。 最近では、リ……

【専門家監修】中古マンションのリノベーションのメリットデメリット

家の購入は、多くの人にとって人生で一番大きな買い物となります。できれば新築が欲しいところですが、どうしても予算の問題があります。一方で中古マンションはお手頃ですし、リノベーションをすれば新品と比較しても遜色のないものになるので新築とどちらを購入するか迷う人も多いでしょう。ここでは、中古マンションのリノベーションのメリットとデメリットをご紹介します。中古物件をリノベーションするメリットとして最初に挙げられるのは、物件の選択肢が大幅に増えることです。首都圏の主要な駅前など駅に近い便利な立地では、既に多くのマンションや戸建てがあり、そもそも土地に空きがありません。もちろん、利便性の高い場所で新築マンションを売っていることもあります。しかし、そのような場所では物件の価値が非常に高く、手の届く価格での購入は難しいことが多いでしょう。その点、中古物件を購入することを視野に入れれば、利便性の高い場所に住……

「新築か中古」どちらが良いか迷ったら読む記事 ミツバハウジング【横浜/戸塚】 住活コラム

ピカピカの新築のマイホーム。憧れますよね。とは言え中古の住宅も負けてはいません。築浅の物件やリノベーション済物件なら、ほとんど新築と変わらない見た目で新築よりもお値打ち価格でマイホームを手に入れることができます。この記事では、新築と中古のメリットデメリットや費用の違いをご紹介します。どちらがあなたに合っているかチェックしてみてくださいね。まずは、新築と中古、それぞれのメリットデメリットをチェックしましょう。・注文住宅の場合は間取りなどの自由度が高い・建売の場合、実際に住むときのイメージがしにくい・物件の選択肢が少ない(希望条件に合わないことがある)・リノベーションなどでこだわりたい部分に予算をかけられる新築と中古でかかる費用の差を分けるのは、主に下記の3つです。大きなポイントは、仲介手数料の有無です。物件価格が4000万円の場合、仲介手数料は139万円ほどかかります。一戸建ての場合は、新築……

分譲住宅のメリットとデメリット。購入するときに知っておきたいこと

マイホームの購入を検討する中で、分譲住宅のメリット・デメリットを知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。分譲住宅は、土地と建物がセットで販売される一戸建て住宅(建売住宅)として良く知られていますが、費用面などその特徴については詳しく知らない方も多いでしょう。今回は、住宅購入を検討中の方が知っておきたい、分譲住宅のメリット・デメリットについてご紹介します。分譲住宅(建売住宅)は、建築会社が広い土地をまとめて購入し分割して販売しているため、住宅検討者は良い土地を安く購入することができます。さらに、建物に必要な木材や設備などもまとめて仕入れられるため、グレードの高い仕様を通常よりも安く取り入れることが可能です。また、購入時の価格が変動し難いのも分譲住宅のメリットの一つです。分譲一戸建て住宅では既に建物のスペックが決まっているため、注文住宅のように夢のマイホームを実現するためにあれもこれもと張……

新築マンションのメリットとデメリット

壁や床の素材は違います。 便利そうな設備や、器具なども、よく見れば「オプション」と表示してあることが往々にしてあります。新築物件の価値は、5年?10年ででだいたい半額程度にまで下がります。 中古物件なら、2割減くらいです。 特に、駅から5分以上かかる物件は、値下がり率が大きくなります。最初は業者の決めた金額ですから、販売しやすいよう、不自然に低く設定してある場合があります。 その方が、一見、負担が少なく、魅力的ですから。 500円?1万円というところもあります。 きちんとした管理、修繕運営がされている中古物件なら、管理費、修繕積立金、駐車場全部合わせて3万円前後必要とされるでしょう。 管理費や修繕積立金は、長きにわたって住み続けるためには、当然、必要なコストです。 適正価格までの値上がりは視野に入れておいて下さい。 サービスや修繕計画に合わせて、後で増額されることとなります。 (10年程度……

【住宅購入】新築と中古マンション、どちらを選ぶ?メリットデメリットを比較 住宅ローン

住宅購入を検討する人から、「新築と中古、どちらのマンションにするか迷っている」という話を聞くことがあります。実際に、新築と中古ではどのようなメリットやデメリットがあり、選ぶ際は何をチェックすればよいのでしょうか。今回は、住宅購入をする際に新築と中古、どちらを選べばよいのかを考えていきます。新築住宅と中古住宅では、何がどのくらい違ってくるのでしょうか。新築・中古マンションの例ですが、代表的な2つの項目を比べてみましょう。 出典) *1 不動産市場動向マンスリーレポート(平成31年3月発表)内、首都圏新築マンション市場と首都圏中古マンション市場の比較より抜粋 *2 東日本不動産流通機構「首都圏不動産流通市場の動向(2019年)」よりマンションでは、新築と中古で成約平均価格が2,000万円以上も違ってきます。これだけ見ると、「築年数は気にせずに、安い中古住宅を選んだほ……

分譲マンションは貸すべき?売るべき?それぞれのメリット・デメリットを比較して検証 Redia 人生100年時代の不動産戦略メディア「リディア」

急な転勤などを理由に、住んでいた分譲マンションが空いてしまう事態となった場合、「貸す」と「売る」で迷いますよね。今回は、分譲マンションを貸す、もしくは売った場合におけるそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。居住用として所有している分譲マンションを貸すか売るかの問題は、現在お悩み中の方だけでなく、近い将来に引っ越す可能性が少しでもある方も余裕のあるうちに考えておいた方が良い問題でしょう。そのため、すぐに売却してしまったほうがいいのかと思いがちですが、一概にそうとも限りません。どちらがお得なのかは、双方のメリットやデメリットを見て、よく比較することが大切です。分譲マンションを転勤などに伴う転居で空けることになったとしてもその時点ですぐに売却せず分譲マンションを所有したまま賃貸に出すというケースが考えられます。その際のメリット・デメリットは以下になります。住宅ローンの返済が途中の場合だっ……

注文住宅と分譲住宅の違いは?分譲住宅のメリット&デメリット 住宅にまつわるコラム

注文住宅」と「分譲住宅」の大きな違いは、一から住宅を建てるか、既に完成している住宅を購入するかです。 「注文住宅」は、購入者自ら土地を購入し、そこに自分の好きな住宅を建てます。分譲住宅と比較して住宅価格は高くなりがちですが、デザインや間取りを自分で決めることが可能なため、家族構成などに合わせてオーダーすることができます。また、建設工程や内部構造を自分の目で確認し、気になったことをその場で聞くことが可能です。 しかし、自分で住宅のデザインや間取りを決めるため、多少専門的な知識を勉強しなくてはなりません。また、土地をお持ちでない場合は土地を見つける……

分譲マンションとは?メリットや購入方法 マンション暮らしガイド

結婚を機に、新居を探しています。色々と調べている中で「分譲マンション」という言葉をよく目にするのですが、分譲マンションとはどのようなマンションのことをいうのでしょうか? 情報提供:マンション暮らしガイド編集部 「分譲」とは「分割譲渡」という言葉の略です。一棟のマンションを一戸ごとに「分割」して販売しているので、分譲マンションと呼びます。 通常、マンションを購入するとなると、マンションの一戸を購入することになりますが、不動産を対象にした投資目的でもない限り、一棟の建物をまるごと購入することはありません。 そのため、一般的に「そろそろマンションを買おう!」ということは、必然的に「分譲マンション」を探すということになります。 ちなみに、「分譲戸建……

意外とわかっていない!?マンションのリノベーション、メリットとデメリット総まとめ

リノベーションと聞いて、皆さんは何を想像するでしょうか。部屋の間取りさえも大きく変更できるリノベーションは、建物に新しい価値を与えてくれます。しかし、どんなものにもメリットとデメリットは存在します。リノベーションを正しくとらえることで、さらにそのものの真の値打ちが見えてくることでしょう。中古マンションを購入してリノベーションしたほうがいいのか、リノベーション済みで販売されているマンションを購入したほうがいいのかわからない方にもおススメの内容になっています。不動産価格の高い都心部では、中古マンションのリノベーションを選択肢に入れることで、マイホーム購入の幅が広がるので確認してみてください。中古マンションを購入してリノベーションをするメリット・デメリットをご紹介します。具体的な費用や注意点、リフォーム会社選びのポイントなども詳しく解説しています。中古マンションを購入してリノベーションしたほうが……

マンションのデメリットについて

前回は、マンションのメリットについてご紹介しました。しかし、都会で暮らすのに便利なマンションにもデメリットがあるのはご存じですか? 今回は、そんなマンションのデメリットについてご紹介します。・自由後は低い 生活音に関するストレスがかかることや、自由度が低いことは、戸建て住宅との大きな違いです。 現在のマンションは防音性が向上し、隣の音は聞こえ難くなりました。しかし、上階の振動は完全には消すことができません。 マンションで気になる音の一つには、排水の音があります。朝や夜は、どの家庭でも同じ時間に排水を行います。 排水の音は配管が通るパイプスペースを突き抜けて、部屋の中へ聞こえてきます。 気にしなければ済むことですが、毎日の生活音は気になります。・管理費や駐車場の負担 費用面でもマンションにはデメリットがあります。 管理費や駐車場代が必要になってくるので、ローン以外に毎月の支払いのない戸建てよ……

新築と中古住宅を購入したリフォームのメリットデメリット リフォーム・マンションリフォームならLOHAS studio(ロハススタジオ) presented by

住宅を購入する選択肢には、「新築住宅の購入」、「中古住宅の購入」、そして「中古住宅を購入してリフォーム」、があるかと思います。 新築住宅の購入は、自分たちの要望を最大限組み入れた住宅が購入できる、というメリットや、費用が高いという代表的なデメリットが思い浮かぶかと思いますが、今回は新築住宅の購入と中古住宅を購入してリフォームする際のメリットデメリットについて詳細にお伝えしてまいります。新築住宅を購入するメリットとして、多くの人が一番に思いつく点ではないでしょうか。注文住宅であれば、外見デザインを自分の好きなように設計することができ、ライフスタイルに合った希望の間取りを実現することができます。分譲住宅であっても、自分たちに合った間取りを選ぶ余地があるという点では中古住宅に勝る魅力であるといえるでしょう。自分の家に使いづらさや住みにくさを感じながら暮らすことは、生活する上でとても大きなストレス……

新築一戸建てと中古一戸建てのメリット・デメリット比較 Relife

日本では、圧倒的に新築住宅の方が中古住宅よりも売れています。国土交通省の資料によると、全住宅流通量に占める中古のシェアは、わずか13.5%(2008年)。アメリカの90.3%(2009年)やイギリスの85.8%(2009年)など欧米諸国と比較すると極端に少ないのです。 同省の住宅市場動向調査(2014年度)で、新築一戸建て(分譲)を購入した人に中古一戸建てにしなかった理由を聞くと、1位は「新築の一軒家の方が気持ち良いから」で74.1%でした。また、比較検討した住宅の1位は、同じく新築一戸建て(分譲)で70.6%でした。そもそも日本人の多くは、中古購入を検討しない傾向があるのです。 このような背景から政府は2006年に「住生活基本法」を施行。1棟1棟の中古住宅の価値を正しく評価するホームインスペクション(住宅診断)の普及などで中古住宅市場の活性化を支援しています。 実際に新築一戸建て購入と中……

マンションはデメリットだらけ?戸建てとどちらを購入すべきか徹底比較

作成日:2019/08/15マンションの代表的なデメリットといえば、「維持費用がかかる」「土地と比べて資産価値が落ちやすい」「隣人トラブルが起きやすい」の3つ。でもこれって本当にデメリットといえるのでしょうか?戸建てとマンションでお悩みの方にはぜひご覧いただきたい内容です。「マンションはデメリットだらけ!」とは思っていませんか?マンションの代表的なデメリットとされているのは、次の3つの事柄ではないでしょうか。でもこれって、本当にデメリットといえるのでしょうか?実は、これらのデメリットは戸建てにも当てはまることがあるんです。本記事では、マンションの本当のメリット・デメリットとともに、戸建てのメリット・デメリットについても解説していきます。ご覧いただければ、マンションと戸建てどちらを購入すべきかおわかりいただけるはずです。まずは、マンションのデメリットとされる3つのことについて考察してみましょ……

新築一戸建て住宅と新築マンションのメリットとデメリットを解説 マイホームの知っ得コラム 明石、神戸の新築一戸建て・土地・分譲住宅情報

住宅購入を決める際に新築一戸建て住宅とマンションのどちらを選択するか悩む方は多いでしょう。結論から言えば、新築一戸建て住宅とマンションにはそれぞれメリットとデメリットがあります。一概にどちらの方が得だと言うことはなく、人によっても選択肢の基準は異なります。家族構成や理想の住まいを実現する住まいを探すことが大切です。▽ここがポイント ● 注文住宅は、家族の理想の家を実現可能 ● リフォームが自由にできる ● 土地資産となる ● 管理費や修繕積立金がない ● 駐車場の固定コストがかからない ● 騒音・ペットトラブルを回避できる ● 自分だけの庭をもつことができる新築一戸建ては、騒音をめぐる隣近所とのトラブルを避けることができます。新築マンションの場合は、小型犬などのペットは飼う事が可能ですが、犬種や数など制限があります。新築一戸建てならば子供ものびのびと家の中で遊ぶことができます。一戸建ては隣……

買ってはいけない物件があるのをご存知ですか・・・?

リノベーション物件の無駄と不安話①事業者にとっての利益が大きいリノベーション物件とは、物件を仕入れてリフォームを施し、再販するというビジネスモデルです。【1】とにかく安い物件を仕入れる【2】なるべくコストを抑えてリフォームして、売りやすいようにする【3】最後にできるだけ高く売るこれでは個人間の売買に比べたら、費用が割高になるのはあたりまえです。②構造は大丈夫なのか中古住宅には古い建築基準法に基づいて建築されている物件がいっぱいあります。古い建築基準のままで再販しても法律違反ではないので、古い基準のまま販売されている物件もまだまだ数多くあるようです。建物の構造については素人では判断がつかないので不安が残りますね。③老朽化や劣化していないかこの点は建築基準法とは直接関係ありませんが、建物の劣化状況は構造性能と同様にとても重要な部分です。素人でも判断が付く項目ですが、床下・屋根裏・壁の中に隠れて……

中古マンションはどんな人に向いている?メリットとデメリットを比較

マンションを購入する際に「中古マンションって価格の安さが魅力的…でも本当にそれだけで決めていいの?」このように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?その慎重さは、住宅選びにおいて大切なポイントです。メリットだけでなくデメリットも理解しなければ、入居後に後悔するかもしれません。そこで今回は、中古マンションのメリットとデメリットを比較してみました!そのうえで、どのような場合中古マンションを選ぶとよいのかまとめています。中古マンションの購入を検討している方は、ぜひ最後までチェックしてみてください!新築のマンションと比べて、中古のマンションにはどのようなメリットがあるのでしょうか。なんといっても、中古マンションは新築マンションと比べて価格が安いことがメリット。地域によりますが、築年数の浅い中古マンションだと新築の7割ほどの価格で購入できる物件もあります。・リフォームやリノベーションがしや……

定期借地権付きマンションとは? メリット・デメリットについても解説 資産価値が下がらない新築マンション選び[2021年]

東京都心部の「定期借地権付きマンション」として売り出された「シティタワー品川」は、中古価格が2008年販売時の2倍以上に跳ね上がり話題となりました。価格面では魅力的な「定期借地権付きマンション」ですが、長い目で見ると本当にお買い得なのでしょうか? 今回は、「定期借地権付きマンション」のメリット、デメリットを考えてみたいと思います。(不動産・住生活ライター・高田七穂) 分譲マンションでは多くの場合、土地は購入者の共有となります。土地の持ち分は、購入する専有部分の持分割合で計算されるため、広い部屋を購入した人ほど土地の持ち分が大きくなるということです。この場合、分譲マンションのホームページの物件概要には、「敷地の権利形態は所有権の共有」と書かれています。    これに対し、土地の上に立っているマンションだけが分譲され、マンション購入者は一定期間、借地として土地を利用することを「定期借地権付……

中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット【すぐわかる】

暮らしにも多様性の波が広がってきた最近では、中古マンションをリノベーションして住む方も増えています。共働きや核家族化といった背景から、新築一戸建てにこだわらず利便性や自分たちに合った暮らしを求める方が多くなったためといえるでしょう。そのため、中古マンションを購入してリノベーションする方のための情報は非常に多くなっています。しかし、空き家の中古マンションを所有する側は売却・賃貸にあたってリノベーションを行なった方が良いのかどうかという情報はほとんどありません。そこで今回は、中古マンションをお持ちの方に向けて、リノベーションのメリット・デメリットを詳しくご紹介し、活用方法に合わせて必要なリノベーションを解説します。中古マンションの使い方に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。「高齢の両親から中古マンションを相続した」「昔マンションを購入したものの転勤でずっと住んでいない」こうした理由から、……

マンション投資は新築・中古どちらがおすすめ?メリット・デメリットを比較 不動産投資コラム 不動産投資情報サイト HEDGE

収益マンションの物件選びでは、新築か中古かで悩む方も多いのではないしょうか。新築マンションは価格が高くなりますが、担保価値も高いため、ローンを組みやすいのが特徴です。一方、中古マンションの価格は安く、利回りは高めですが、維持費がかかりやすいなどのデメリットがあります。そこでこの記事では、マンション投資の特徴や、新築マンションと中古マンションのメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。マンション投資を検討中の方はご参考ください。マンション投資とは、マンションを購入し、住まいを探す人に貸し出して、家賃収入を得ながら投資資金を回収していく投資手法です。マンションは鉄筋コンクリート造(RC造物件)となるため、木造の戸建てやアパートよりも建物部の価格が高くなるものの、防音性や断熱性、耐震性などの居住性能に優れているのが特徴です。設備面も充実しており、ほとんどのマンションにはエレベーターが設置さ……

平均ユーザー評価

4.4 / 5

カテゴリ