新築分譲マンション 地震保険

新築分譲マンション 地震保険、地震保険とは?マンションで加入する必要はある?

世界有数の地震多発国・日本。マンション選びの際には、被災後の生活をいかに早く立て直すかという視点も必要です。この記事では生活再建の頼もしい味方「地震保険」に注目。ファイナンシャルプランナー/竹下さくらさんにお聞きました。地震によって引き起こされた被害に備えるのが地震保険です。地震保険は、一般の保険と異なり「地震保険に関する法律」に基づき、政府と民間の損害保険会社(以下、損保)が共同で運営。保険金は。

マンションの地震保険について調べている方は、火災保険を加入するタイミングで、地震保険を付帯するかどうか迷っているケースが多いのではないでしょうか。「耐震性の高いマンションでも、地震保険に加入する必要あるの?」結論からお伝えすると、地震・噴火・津波などによる損害に備えるためには、マンションであっても地震保険に加入しておく必要があります。ただし、デメリットとして、地震保険に加入すると、その分の保険料が。

共用部分の火災保険は、通常、躯体やエレベーター・付属設備を含めた共用部分の価額の100%を保険金額として設定します。一方、地震保険金額は専有部分の取り扱いと同様で、共用部分の火災保険金額の50%が上限です。例えば共用部分の火災保険金額が3億円だと、地震保険金額は1億5,000万円が上限で、構造躯体の損害に応じ保険金が支払われます。地震保険は主要構造部に着目して損害調査を行うため、エレベーターや貯水。

我が家の“まさか”に役立つ「地震保険」。正しく知って賢く備えよう!発生予測が難しく一度起こると大きな被害となりかねない地震。地震保険は自宅建物と家財が被った損害を補償する保険です。我が家の”まさか”に備える地震保険のポイントをご紹介します。知っておきたい!地震保険のポイント10地震保険は、地震・噴火またはこれらによる津波を原因として、自宅建物と家財が被った損害(火災・損壊・埋没・流失)を補償する保。

マンションライブラリは【マンション専門家による、マンション総合情報サイト】です。マンション情報を自由に検索していただいたり、マンションに関する質問をマンション専門家である東京カンテイの社員に直接質問できるサービスを提供しております。マンションの住替え、売買を意識されたり、実際に検討されはじめたときに、第三者からの客観的情報、あるいは専門家らの見地を参考にされたいときにご活用いただければと思います。。

地震保険は地震大国日本において、重要度の高い保険といえます。しかし分譲マンションの場合、マンションを建て直すほどの保険金をもらえるわけではないため、必要ないと考える人も多いようです。実際のところ、マンションであっても、地震保険は被災時の生活を支えるために重要となってきます。今回はマンションにおける地震保険について、その必要性と契約時の注意点を紹介します。地震保険の加入を検討している人は、一度確認し。

罹災証明は一部損壊です。半壊が出たら、実際は全壊と同じようなものです。 そのままで住む事なんてできません。また、今の建築であれば、マンションが 倒壊などほぼ考えられませんよ。 管理組合では共有部分に地震保険は掛けていませんでした。足場を組んでの 外壁修繕など補修工事一式で1億円近い見積もりが出ています。 築年数が浅かったため修繕積立金も貯まっておらず、修理をするためには 各戸で数百万ずつの自己負担。

木造の多い戸建てと違って、分譲マンションは鉄筋コンクリート造がほとんどで耐火性が高いため、マンションの火災保険に加入しても恩恵は少ないと考えている人もいるようです。しかし、火災保険がカバーする範囲は火災だけではありません。なかにはマンションの管理組合が火災保険に加入しているからといって安心している人もいますが、マンション各住戸についての補償を受けるには、個別に火災保険に加入する必要があります。 住。

今回は、火災保険ではなく地震保険加入の是非ですが、FPアンサーズ初めての満場一致で「必要性有り」となりました。マンションの地震災害は、建物自体に被害なくても、地震によって起こる二次災害も想定するべきというのがFPの方の大多数の意見です。 具体的には、地震による火災被害(火災保険は適用できません)や、専有部分の室内で家具転倒やガラスの飛散、停電、断水などにより居住自体ができなくなるリスクなどの備。

損害保険料率算出機構のデータによると、火災保険に地震保険を付帯した付帯率は2016年度で62.1%、住宅ローンを完済した世帯なども含めた全世帯に対する世帯加入率は30.5%(2016年)となっています。確かに、ほとんどの人が必須で加入しているとは言えない状況です。地震保険に加入しない要因としては、火災保険に比べて保険料が高いこと、いざという時に給付される保険金も火災保険の半額が上限であることなどか。

火災保険といえば、わたしたちが最も良く耳にすることが多い保険かもしれません。そのせいかマイホーム購入の際に不動産会社から加入を勧められると、大して説明も受けないまま契約している方がほとんどではないでしょうか。そのためか、火災保険について間違った認識を持っている人も多いようです。ここで基本的な知識を確認しておきましょう。意外と知らない人も多いのですが、火災保険で補償されるのは、火事になった時だけでは。

主契約で加入している火災保険の保険金額の、30%~50%までとなり、この範囲内で、加入者が自由に設定します。また、建物の損害については5,000万円の上限があり、家財の損害については1,000万円の上限が設けられています。例えば、■火災保険金額が 1億2,000万円の建物では、地震保険の補償限度額は 5,000万円まで。(建物の最大補償額の5,000万円の上限)■火災保険金額が 3,000万円の建。

一戸建てでは、「建物」と「家財」ではえらばれている補償が異なっていることが分かります。これは、ご契約者の皆様が、ご自分のリスクを把握して必要な補償をえらんでいるということの現れだと思われます。開発者としては、商品コンセプトをご理解いただき大変うれしく思います。 特徴的なのは、家財の「盗難」をえらばれている方が多いことです。一戸建てではマンションと比べて、防犯設備を充実させるのは費用の面でも限界が。

日本は世界各国と比較しても、安全で住みやすい国と言われています。その背景には、殺人や放火など、いわゆる凶悪犯罪の検挙率がそれぞれ9割超、8割超で推移していることが挙げられます。また、人々の安全・安心に対する意識が高いこともあり、不動産投資には最適な土地柄なのかもしれません。一方で、日本は「地震大国」でもあります。2011年3月11日に発生した「東日本大震災」は、発生から丸9年が経過した今でもなお記。

賃貸収入や資産活用を目的として、またはマイホームとして中古マンションの購入を考えている方がいると思います。その際にたいていの場合は火災保険の加入を勧められます。ちなみに火災保険とは損害保険の1つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工事用などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険です。 本当にこのオプションは必要なのかな? 保険料も高額になってきますので無駄。

マンションや戸建ての購入・建築をすると、その建物には火災保険を付帯することが一般的です。しかし火災保険は補償内容が色々とあり保険料や補償限度額などに違いがあります。火災保険は建物を守る大事な保険であり不動産購入時の支出にもなる項目なので慎重に選ばなければいけません。そこでこの記事では火災保険の概要や補償内容、および火災保険を選ぶポイントやおすすめの火災保険会社などについて詳しく解説していきます。ま。

いつどこで大きな地震が起きてもおかしくない、日本。万が一、自分の暮らす地域で地震が起きてしまった場合に役立つのが地震保険です。そこで、今回はマンションで地震保険の加入を検討している方に向けて、地震保険の基礎知識やメリット・デメリットなどを明らかにしていきます。地震保険について説明する前に、マンションにおいては「専有部分」を対象とした保険なのか、それともエレベーターや玄関ホールなどの「共有部分」を対。

住宅を購入する場合、火災保険の加入について検討します。住宅ローンを利用する場合、少なくとも返済期間中の加入が融資条件の一つとなっています。そのため、火災保険の加入は前提として、どのような補償があるかを確認し、どの補償が必要かを検討しなければならないでしょう。マンションは、コンクリート造建物・耐火建築物ですので、一戸建てよりも火災に強い構造になっています。また、マンションは居住者全員の共有部分(エン。

火災のときや自然災害、日常生活の事故の際に補償を受けることのできる火災保険ですが、地震による被害は基本的に補償されません。 地震のときに助けになるのが、火災保険とセットで加入できる地震保険です。なぜ、火災保険では地震による被害は補償されず、 地震保険が用意されているのでしょうか? 他の保険とも違う地震保。

地震保険とは?マンションで加入する必要はある?

世界有数の地震多発国・日本。マンション選びの際には、被災後の生活をいかに早く立て直すかという視点も必要です。この記事では生活再建の頼もしい味方「地震保険」に注目。ファイナンシャルプランナー/竹下さくらさんにお聞きました。地震によって引き起こされた被害に備えるのが地震保険です。地震保険は、一般の保険と異なり「地震保険に関する法律」に基づき、政府と民間の損害保険会社(以下、損保)が共同で運営。保険金は政府と損保が共同で負担しており、公共性の高いことが特徴です。火災保険とセットで加入します。「生みの親は、1964年6月に発生した新潟地震の後、生活再建に苦しむ人々を目のあたりにした地元政治家の田中角栄元総理(当時は大蔵大臣)です。自ら旗振り役となって『政府も資金を拠出する』と民間保険会社に持ちかけ“半官半民”の保険として創設されました。この歴史が背景になり、地震保険の保険料は法律に基づいて算出され……

マンションの地震保険は必要?基礎知識とメリット・デメリットを解説

マンションの地震保険について調べている方は、火災保険を加入するタイミングで、地震保険を付帯するかどうか迷っているケースが多いのではないでしょうか。「耐震性の高いマンションでも、地震保険に加入する必要あるの?」結論からお伝えすると、地震・噴火・津波などによる損害に備えるためには、マンションであっても地震保険に加入しておく必要があります。ただし、デメリットとして、地震保険に加入すると、その分の保険料がかかります。地震保険の保険料を安いと感じるか、高いと感じるかは、その世帯によってさまざまですから、一概には断言できません。この記事では、地震保険に入るべきか・入らないべきかを判断するために必要な、以下の情報をまとめました。最後までご覧いただくと、あなたが所有されている分譲マンションの地震保険について、必要性がどの程度あるのか理解でき、我が家には地震保険が必要なのか必要ないのか、判断を下せるようにな……

分譲マンションの火災保険・地震保険 よくある勘違い 一般財団法人

共用部分の火災保険は、通常、躯体やエレベーター・付属設備を含めた共用部分の価額の100%を保険金額として設定します。一方、地震保険金額は専有部分の取り扱いと同様で、共用部分の火災保険金額の50%が上限です。例えば共用部分の火災保険金額が3億円だと、地震保険金額は1億5,000万円が上限で、構造躯体の損害に応じ保険金が支払われます。地震保険は主要構造部に着目して損害調査を行うため、エレベーターや貯水槽などの付属設備の被害は損害として積算されません。(一社)宮城県マンション管理士会は、仙台市内の分譲マンション約1,400棟のうち、東日本大震災では約120棟が全壊判定を受けたと推定。大半は修繕されましたが、その財源となったのが地震保険だったとしています。『補修資金の有無が管理組合の合意形成を左右し』『特に、地震保険の保険金受取の有無・金額の多い少ないで、復旧工事に大きな影響』があり、『既に復旧工……

住まいの基礎知識 我が家の“まさか”に役立つ「地震保険」

我が家の“まさか”に役立つ「地震保険」。正しく知って賢く備えよう!発生予測が難しく一度起こると大きな被害となりかねない地震。地震保険は自宅建物と家財が被った損害を補償する保険です。我が家の”まさか”に備える地震保険のポイントをご紹介します。知っておきたい!地震保険のポイント10地震保険は、地震・噴火またはこれらによる津波を原因として、自宅建物と家財が被った損害(火災・損壊・埋没・流失)を補償する保険です。地震災害による被災者の生活の安定に寄与することが目的です。地震による火災は、火災保険では補償されない!?「地震で発生した火災によって自宅が焼失したら火災保険で補償される」と思いがちですが、地震に伴う火災や津波による建物等の損害は、火災保険では補償されません。地震災害は予測が困難な上に一度発生すると被害が甚大になるという特性のため、民間の保険会社だけでは補償責任を負えない可能性があるからです……

新築分譲マンションでも地震保険は必要になるの? 東京カンテイ

マンションライブラリは【マンション専門家による、マンション総合情報サイト】です。マンション情報を自由に検索していただいたり、マンションに関する質問をマンション専門家である東京カンテイの社員に直接質問できるサービスを提供しております。マンションの住替え、売買を意識されたり、実際に検討されはじめたときに、第三者からの客観的情報、あるいは専門家らの見地を参考にされたいときにご活用いただければと思います。今後、皆様のご意見・ご要望を元に、さらに皆様に必要とされる情報を提供できるサービスへと進化してゆきたいと思います。(ご意見・ご要望は「お問い合わせ」リンクからフォームをご利用ください。)※このサービスはマンションのリファレンスとしてご活用していただくことを目的としておりますので、中古物件を取扱う仲介サイトではございません。東京カンテイは宅地建物取引業者ではありませんので、個別マンションの紹介(仲介……

マンションの地震保険は必要か?検討する際の注意点

地震保険は地震大国日本において、重要度の高い保険といえます。しかし分譲マンションの場合、マンションを建て直すほどの保険金をもらえるわけではないため、必要ないと考える人も多いようです。実際のところ、マンションであっても、地震保険は被災時の生活を支えるために重要となってきます。今回はマンションにおける地震保険について、その必要性と契約時の注意点を紹介します。地震保険の加入を検討している人は、一度確認してみてください。保険の教科書 編集部結論からいうと、分譲マンションであっても、地震保険の必要性は高いです。その理由は、地震保険が生まれた目的からうかがい知れます。つまり、過去何度も大震災に見舞われている日本において、被災者の生活を支えるために必要であると国が判断した結果生まれた保険であるといえるでしょう。震災に遭った場合、被災者は自身の家だけではなく、職場や移動手段まで失う可能性があります。もし十……

マンションに地震保険は必要か マンションなんでも質問@口コミ掲示板・評判(レスNo.1

罹災証明は一部損壊です。半壊が出たら、実際は全壊と同じようなものです。 そのままで住む事なんてできません。また、今の建築であれば、マンションが 倒壊などほぼ考えられませんよ。 管理組合では共有部分に地震保険は掛けていませんでした。足場を組んでの 外壁修繕など補修工事一式で1億円近い見積もりが出ています。 築年数が浅かったため修繕積立金も貯まっておらず、修理をするためには 各戸で数百万ずつの自己負担が生じる計算になり、意見がまとまらないために 1年経っても修繕が始まりません。これが地震保険を掛けていれば、一部損壊 でも数千万はそこから賄えたわけで、その話を聞くと私には地震保険は 共有部分は必要ないなんて思えないですね。 この状況に嫌気が差して、売却を考える人まで出ていますが、案の定まだ 売れていません。そりゃいつ修理されるか分からないエレベーターを尻目に、 毎日15階まで階段を使って上り下り……

分譲マンションの火災保険はどう選ぶ? 保険金額の決め方や入っておくべき特約、保険料の相場などを徹底解説! 火災保険の選び方[2021年]

木造の多い戸建てと違って、分譲マンションは鉄筋コンクリート造がほとんどで耐火性が高いため、マンションの火災保険に加入しても恩恵は少ないと考えている人もいるようです。しかし、火災保険がカバーする範囲は火災だけではありません。なかにはマンションの管理組合が火災保険に加入しているからといって安心している人もいますが、マンション各住戸についての補償を受けるには、個別に火災保険に加入する必要があります。 住宅ローンを組むには、ほとんどの銀行で火災保険への加入を条件としていますが、すでに住宅ローンを完済していたり、投資用マンションなどを現金で購入したりした人の中には、火災保険に未加入というケースがあります。 マンションは鉄筋コンクリート造がほとんどで耐火性に優れているため、喫煙の習慣がなかったりオール電化の場合だと、火災保険に加入する必要性があまり感じられないかもしれません。しかし、次のような点を考慮……

分譲マンションで地震保険は必要?

今回は、火災保険ではなく地震保険加入の是非ですが、FPアンサーズ初めての満場一致で「必要性有り」となりました。マンションの地震災害は、建物自体に被害なくても、地震によって起こる二次災害も想定するべきというのがFPの方の大多数の意見です。 具体的には、地震による火災被害(火災保険は適用できません)や、専有部分の室内で家具転倒やガラスの飛散、停電、断水などにより居住自体ができなくなるリスクなどの備えが必要ではないかという意見。滅多に起こるものではありませんが、住宅ローンを抱えていて、預貯金がほとんどなく、何かあったら家計が破綻するリスクがあるという家庭は、地震保険への加入を検討しても良いのではないでしょうか。……

分譲マンションの地震保険は本当に必要なのでしょうか? Q&A

損害保険料率算出機構のデータによると、火災保険に地震保険を付帯した付帯率は2016年度で62.1%、住宅ローンを完済した世帯なども含めた全世帯に対する世帯加入率は30.5%(2016年)となっています。確かに、ほとんどの人が必須で加入しているとは言えない状況です。地震保険に加入しない要因としては、火災保険に比べて保険料が高いこと、いざという時に給付される保険金も火災保険の半額が上限であることなどから、保険料の割に保障が大きくないと感じる人が多いことでしょう。そのため、地震保険で保障される金額と同額程度の貯蓄をしておけば、地震保険に加入しないという選択にも一理あると考えられます。火災保険や地震保険の保険金額は分譲価格とは異なるため、例えば4000万円で購入した物件の火災保険の保険金額が1500万円、地震保険は750万円といった程度のことも多く、到底貯められない金額ともいえません。一方で地震保……

【ホームズ】住まいの保険を再確認!火災保険と地震保険の基本をおさらい

火災保険といえば、わたしたちが最も良く耳にすることが多い保険かもしれません。そのせいかマイホーム購入の際に不動産会社から加入を勧められると、大して説明も受けないまま契約している方がほとんどではないでしょうか。そのためか、火災保険について間違った認識を持っている人も多いようです。ここで基本的な知識を確認しておきましょう。意外と知らない人も多いのですが、火災保険で補償されるのは、火事になった時だけではありません。例えば、落雷や水災、盗難、破損、汚損といったケースでも火災保険を適用して保険金の支払を受ける事ができます。ただし、地震による火災は補償されません。上記のようなケースであっても、本人に故意や重大な過失があるような場合には保険金が支給されません。例えば、火の元の消し忘れなどによる火事については火災保険から保険金を受け取ることができません。通常、保険に加入するかどうかは加入する本人の自由です……

地震保険って、どこまで保障してくれるの?? 地震の時に、役立つレシピ

主契約で加入している火災保険の保険金額の、30%~50%までとなり、この範囲内で、加入者が自由に設定します。また、建物の損害については5,000万円の上限があり、家財の損害については1,000万円の上限が設けられています。例えば、■火災保険金額が 1億2,000万円の建物では、地震保険の補償限度額は 5,000万円まで。(建物の最大補償額の5,000万円の上限)■火災保険金額が 3,000万円の建物では、地震保険の補償限度額は 1,500万円まで。(火災保険金額の50%の上限)■家財に、3,000万円の火災保険をかけた場合の地震保険の補償限度額は、1,000万円まで。(家財の最大補償額の1,000万円の上限)上記のような補償額となり、火災保険の50%までしか補償されず、更に、建物で5,000万円、家財で1,000万円が上限金額となっているため、色々な問題が起こってきます。例えば、地震が発生……

みんなはどんな補償をえらんでいるの? 補償ランキング

一戸建てでは、「建物」と「家財」ではえらばれている補償が異なっていることが分かります。これは、ご契約者の皆様が、ご自分のリスクを把握して必要な補償をえらんでいるということの現れだと思われます。開発者としては、商品コンセプトをご理解いただき大変うれしく思います。 特徴的なのは、家財の「盗難」をえらばれている方が多いことです。一戸建てではマンションと比べて、防犯設備を充実させるのは費用の面でも限界がありますから、万一の時の備えとしてお考えいただいたものだと思います。 諸費用をえらばれた方は少ないですが、火災や風災といった事故の際に保険金の10%※(100万円限度)をお支払いしますので、罹災時の仮住まい費用やその他の臨時の費用に充てることができます。ぜひ、ご加入をご検討いただきたいと思います。※保険始期日が2020年6月30日以前の契約では30%となります。……

不動産投資における「地震保険」の必要性をリスクから考える マンション経営オンライン

日本は世界各国と比較しても、安全で住みやすい国と言われています。その背景には、殺人や放火など、いわゆる凶悪犯罪の検挙率がそれぞれ9割超、8割超で推移していることが挙げられます。また、人々の安全・安心に対する意識が高いこともあり、不動産投資には最適な土地柄なのかもしれません。一方で、日本は「地震大国」でもあります。2011年3月11日に発生した「東日本大震災」は、発生から丸9年が経過した今でもなお記憶に残っている方が多いことでしょう。また、2018年9月に発生した「北海道胆振東部地震」、2016年4月に発生した「熊本地震」、2007年に発生した「新潟県中越地震」、1995年に発生した「阪神・淡路大震災」など、マグニチュード6以上、かつ甚大な被害をもたらす地震が日本各地で数年おきに発生しています(参考:気象庁「日本付近で発生した主な被害地震(平成8年以降)」)。このことからも、特に日本において……

中古マンション購入時の火災保険の選び方と相場

賃貸収入や資産活用を目的として、またはマイホームとして中古マンションの購入を考えている方がいると思います。その際にたいていの場合は火災保険の加入を勧められます。ちなみに火災保険とは損害保険の1つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工事用などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険です。 本当にこのオプションは必要なのかな? 保険料も高額になってきますので無駄な支出は押さえたい所です。今回はそんな疑問に答えるために中古マンション購入時の火災保険の選び方と相場を紹介していきます。 この章では中古マンション購入時の火災保険の選び方について解説していきます。結論から言うと保険会社によって選べるオプションの種類や保険金額の設定は結構違うので、慎重に選ぶことが大事です。大前提として保険会社は自分で選べます。具体的にどの保険会社がいいかわからないという方は、総合保……

新築戸建てに火災保険は必要?【2021年最新版】いつ加入するべきなのか、料金やおすすめの保険会社と選び方を完全ガイド

マンションや戸建ての購入・建築をすると、その建物には火災保険を付帯することが一般的です。しかし火災保険は補償内容が色々とあり保険料や補償限度額などに違いがあります。火災保険は建物を守る大事な保険であり不動産購入時の支出にもなる項目なので慎重に選ばなければいけません。そこでこの記事では火災保険の概要や補償内容、および火災保険を選ぶポイントやおすすめの火災保険会社などについて詳しく解説していきます。まずは、そもそも火災保険とは?という点について以下を解説していきます。基本的には火災と破裂・爆発は必須加入で、ほかは任意加入になります。このように「火災」保険という名称ではありますが火災以外の災害に対しても補償があります。そのため火災保険は「すまいの総合保険」ともいわれているのです。新築戸建てを含め不動産を購入するときには火災保険へ加入することが大半です。内閣府のデータによると火災保険の加入者は持ち……

地震保険はマンションでも必要か?

いつどこで大きな地震が起きてもおかしくない、日本。万が一、自分の暮らす地域で地震が起きてしまった場合に役立つのが地震保険です。そこで、今回はマンションで地震保険の加入を検討している方に向けて、地震保険の基礎知識やメリット・デメリットなどを明らかにしていきます。地震保険について説明する前に、マンションにおいては「専有部分」を対象とした保険なのか、それともエレベーターや玄関ホールなどの「共有部分」を対象としているのか、2つに分けて考える必要があります。分譲マンションを所有している人は、基本的に専有部分を対象とした地震保険に、個人の意思で加入することができます。一方で共有部分については通常、管理組合が契約します。加入するための手順として、理事会などで検討した上で、各区分所有者(マンションの購入者)の同意を得ることが必要となります。今回の記事では個人が専有部分を対象とした地震保険に加入する場合に、……

マンションにおいて火災保険は必要?補償範囲、補償内容は?

住宅を購入する場合、火災保険の加入について検討します。住宅ローンを利用する場合、少なくとも返済期間中の加入が融資条件の一つとなっています。そのため、火災保険の加入は前提として、どのような補償があるかを確認し、どの補償が必要かを検討しなければならないでしょう。マンションは、コンクリート造建物・耐火建築物ですので、一戸建てよりも火災に強い構造になっています。また、マンションは居住者全員の共有部分(エントランスや階段など)も多いため、火災保険がどの程度、役に立つのか気になる方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、マンションにおける火災保険について、補償を選ぶ際のヒントになるよう、必要性や補償範囲・補償内容などを解説します。マンションにおいて火災保険は必要なのでしょうか。普段から火元に気をつけておけば、自ら火災を発生させてしまうリスクは軽減できるかもしれません。しかし、火災保険に加入する理由は「火……

ホームアシスト(家庭総合保険)

火災のときや自然災害、日常生活の事故の際に補償を受けることのできる火災保険ですが、地震による被害は基本的に補償されません。 地震のときに助けになるのが、火災保険とセットで加入できる地震保険です。なぜ、火災保険では地震による被害は補償されず、 地震保険が用意されているのでしょうか? 他の保険とも違う地震保険の特徴は、国が関与している官民一体の保険であることです。地震大国である日本において、いざ地震が起きたときに支払うことになる保険金は、保険会社だけでは賄えないほど巨額になる可能性があります。そこで、地震保険は、保険会社と共に国が保険金の支払い責任の一部を請負い、大規模地震が起きた際にも保険金の支払いが滞らないような仕組みが確立されているのです。地震保険は単独で加入することができず、必ず火災保険とセ……

平均ユーザー評価

4.0 / 5

カテゴリ