新築分譲マンション リスク

新築分譲マンション リスク、新築マンションは買ってはいけない?そう考えるこれだけの理由

「きれいで、新しいおうちに住みたい」「やっぱり買うなら最新の設備がついた新築じゃないと」そう思い新築マンションを選ぶ方も多いと思います。もちろん新築マンションは誰も入ったことのない部屋で、設備も最新のものが採用されていて、部屋も全てがまっさらで魅力的です。しかし今新築マンションの人気は下がっています。そしてそこには新築マンションを選ばないほうがいい理由があります。こちらを読めば新築マンションに潜。

リスクの発生する可能性が高いからといって、それが重大なこととは限りません。発生する可能性と発生したときの影響の両方からリスクを考えましょう。今回は、発生する可能性と発生したときの影響の両方についてお話します。また、あなたが対処できやすいリスクの順番にご紹介します。決して少ないケースではなく、もしもこうなれば悲惨です。マンションを購入する人でもあまり理解できていないのが資金計画です。正しく計画を立て。

初めてマンションを購入すると決めたものの、できるだけ失敗したくないという方は多いと思います。 失敗しないマンション購入のために一番大事なことは、フラットな立場の信頼できる専門家に相談することです。本来その役割は、依頼する不動産業者の営業マンなのですが、『本当に自分のためにアドバイスをしてくれているのか』と不安になる方も多いのではないでしょうか?営業マンの中には自社の利益を重視する人もいるので、必ず。

[オピニオンリーダー]LIFULL HOME’S総研所長これまで2回にわたって、新築住宅というのは実のところ法律が定める概念に過ぎず、「新築のメリット」とは本来は購入時のメリットであって、住み心地や建物の性能の話ではないということ、また購入時のメリットも正味のところは一般に思われているほどには大きくないという事実について述べてきた。 今回は、住宅系メディアの定番記事「新築vs中古」でよく見かける。

なぜですかね?20代半ば過ぎから30代後半のどこかで、 多くの人が「そろそろ家が欲しいよな…」と思うタイミングがありますよね?子供の頃はただただ自由だった自分が、社会との関係と闘いながら自分らしさを貫いていく… そんな、ホンモノの大人になるための儀式のように…住まい探しの欲求がわき上がってくるんですよね。 そう考えると、住まい探しは、自分のコアの中に自分探しの行。

さまざまな先輩方の失敗体験談を見てきましたが、いかがでしたか。マンション選びの参考になったでしょうか。アンケートの中には、部屋に入った瞬間のフィーリングが大切という意見や最低4つ以上複数会社のマンションを検討し、直接提案を聞くことが大切だというアドバイスもありました。今回のランキングでは、633件の体験談の総合的な集計を発表しましたが、同時に男女別・年代別・新築/中古別の集計も行いました。女性は家。

長期運用で安定的な収入を見込めるマンション経営は、多くの投資家から人気のある不動産の投資方法です。 しかし、多額のお金を借り入れて物件を購入することとなるため、マンション経営に興味はあるものの、「リスクが怖くて挑戦できない」と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。確かにマンション経営も投資である以上、当然リスクは存在します。しかし正しい知識を持つことで、リスクを回避しながら安定収入を確保す。

従来より、分譲マンションを資産運用を目的として購入する方々が多くいます。何も最近はやりだした事ではなく、その歴史は長くマンションの供給が始まった数十年前より行われていました。立地条件が良く耐久性の高い不動産資産として、安定した家賃収入、将来の私的年金として、所得税・相続税対策として、生命保険代わりとしてなど、様々なメリットのある資産運用商品としてマンション投資は行われてきました。また、株やFX、土。

「マンションを買うなら新築の方が安心」だと思っていませんか?新築マンションは真新しい状態で暮らすことができて、これからコミュニティを築いていかれることがメリットとされることが多いです。しかし、新築マンションの購入にはリスクもあることをもとに、中古マンションを選ぶという選択肢について紹介していきます。新築マンションの購入には、大きく分けて4つのリスクがあります。それぞれについて解説していきます。新築。

クラウドリアルティでは、自社サービス以外にも様々な投資にまつわる情報を提供しています。今回のテーマは、実物不動産投資(以下、不動産投資)。不動産投資には様々な方法がありますが、個人で不動産投資を始めるにあたって悩ましいこととして、物件選びがあります。自宅選び同様新築に目が行きがちですが、新築と中古の物件を比較した際の「新築」のメリット・デメリットを不動産ライター・亀梨奈美さんに解説してもらいました。

国の財政状況が悪化するなか、社会保障の負担は年々厳しくなっています。年金や健康保険といった社会保険料は上昇傾向にあり、多少給与が上がっても手取り額は減ってしまう状況です。雇用環境、経済環境が大きく変わり、給料が増えたとしても、いつ解雇や倒産といった憂き目にあうかわかりません。退職金も、昔ほどアテにできなくなっています。このようななか、何千万円という住宅ローンを完済できるのか不安になってしまうのも当。

リノベーション物件の無駄と不安話①事業者にとっての利益が大きいリノベーション物件とは、物件を仕入れてリフォームを施し、再販するというビジネスモデルです。【1】とにかく安い物件を仕入れる【2】なるべくコストを抑えてリフォームして、売りやすいようにする【3】最後にできるだけ高く売るこれでは個人間の売買に比べたら、費用が割高になるのはあたりまえです。②構造は大丈夫なのか中古住宅には古い建築基準法に基づい。

昨年、そのマンションAで70代の男性の孤独死が発生した。孤独死自体は高齢者が多く住むマンションでは珍しくはない。身寄りのないお年寄りが自宅でひっそりと息を引き取ることは起きうる。住民間の交流が乏しい現代では、隣人の様子をあまり気にかけない。今回大きな問題に発展したのは、孤独死以後、管理費と修繕積立金の支払いが滞り、滞納金がどんどん積み上がっていることだ。孤独死に限らず、マンションの所有者が死亡した。

マンション投資を検討していろいろと調べているうちに「新築プレミアム」という言葉に遭遇したことはないでしょうか。「これって何?」と感じた方は、「不動産の価格がどうやって決まるのか」という部分にも興味を持っているかもしれません。不動産価格には厳然とした相場や価格決定プロセスがあり、ここで解説する新築プレミアムも不動産の価格を決める重要な要素のひとつです。新築プレミアムのことが理解できると、新築マンショ。

中古マンションは安くて検討したいんだけど、築年数は一体どこまでが大丈夫なものなのかと悩んでいませんか。一級建築士である私自身、1977年に建てられた中古マンションに暮らしていますが、日々の暮らしで問題を感じませんし、目黒駅から徒歩数分の物件をかなりリーズナブルな価格で手に入れることができました。(2020年現在築43年目)実は中古マンションには、おすすめの築年数というものがあります。それが築20年。

東京五輪・パラリンピックの選手村の跡地を転用する「晴海フラッグ」というマンションの話題を報道でよく見かけるようになりました。場所は東京都中央区の晴海というところです。公式サイトによると、最寄り駅は都営大江戸線の勝どきで、駅から歩いて16分~21分で各棟の敷地に着きます。分譲される総戸数は4145戸という規模です。 このマンション、選手村として使った後に分譲マンション用に改装して2023年の春以降に。

不動産を活用する不動産投資。大がかりなものからワンルームマンションを1室だけ活用するものまでいろいろありますが、ここでは、手軽な物件での活用を考えたときに、知っておきたいことをやさしく解説。メリットだけではなく、リスクも知っておきましょう。注意ポイントなどをファイナンシャルプランナーの菱田雅生さんに聞きました。ひとことで「不動産投資」といっても、さまざまな方法があります。アパートやマンション、戸建。

価格も立地も、魅力的な物件が多い中古マンション。 とはいえ、売るにしろ買うにしろ「何となく不安」があるのも事実。 そこで、考えられる不安要素をすべて払拭できるよう不動産のプロに、中古マンションのあれこれを教えていただきました。 メリット、デメリット、注意すべき点を理解した上で賢くお得に中古マンションを売買しましょう。中古マンションの魅力は何といっても割安感。新築からどれぐらい経てばお買い得な価格に。

2009年10月22日公開ワンルームマンション投資は不動産投資の代名詞になりつつあります。新築、中古を問わずワンルームマンションの取引は活発で、不動産投資をされる方のなかでもワンルーム投資を実践している方が多いのではないでしょうか。賃貸の業務や確定申告など不動産保有時のサポートはもちろん金融機関と提携した自己資金ゼロプランなど、手軽に簡単に始められるサービスが充実しているのも増加の要因になっていま。

新築マンション投資というのは不動産投資の中の1つで、投資のために新築マンションを購入する投資のことを言います。普通のマンション購入と違うのは、居住のために新築マンションを購入するのではなく投資のために購入する、という点です。新築マンション投資では家賃収入を得る他に、買った金額よりも高く売る、売却益を得ることを目的にして投資する場合の2つの投資があります。投資の中でも不動産投資はリスクが少ない投資だ。

中古マンションの売買市場は年々大きくなってきており、2016年にはついに中古マンションの供給数が新築マンションの供給数を上回りました。これからの不動産投資の主体も、新築マンションから中古マンションへと移っていくと考えられます。ただ、中古マンション投資には、新築マンション投資と比べると気をつけなければいけないポイントが存在します。この記事では、以下のような中古マンション投資のポイントについて解説して。

不動産投資は現在だけでなく、将来にわたって賃貸需要があるかを見極めることが重要です。 2008年を境に、すでに日本の人口減少傾向は進んでいます。今後、東京を除く多くのエリアではマンション経営が成り立たなくなっていきます。 つまり、将来にわたり不動産投資が成り立つのは、賃貸需要が安定しているのは東京だけなのです。2018年の都道府県別の。

マンションの価格は高止まりの状態にあり、特に都内での新築マンションの価格は、手の届きにくいところまで上昇しています。国土交通省の平成30年11月5日公表の「不動産市場動向マンスリーレポート」を見ても、マンションの不動産価格指数は65カ月連続で上昇を続けています。新築マンションは高すぎて手が届かない。そんな人は、新築の売れ残っている物件をチェックすることで、掘り出し物を見つけることができるかもしれま。

不動産投資の中では「中古ワンルーム」は最も安い価格帯に位置していますので、 ローンを組んだ場合でも比較的リスクが低く、完済しやすいところも魅力です。 初めて不動産投資に入門するという方にも自信をもってオススメいたします。 最少のリスクで効率よく資産運用を行うには、中古ワンルームを複数戸運用することも効果的です現金でのご購。

にわかに脚光を浴びるAirbnb(民泊)だが、外国人観光客向けの宿泊施設として提供されているマンションの住民はたまらない。ある日、自宅のマンションに帰ると、エントランスロビーがスーツケースを引いた外国人観光客であふれている。あるいは、マンション内のスポーツジムに行くと、外国人観光客にお気に入りのトレーニングマシンを占領されていたり、夜になるとパーティルームで外国人たちが大騒ぎをしているかもしれない。

賃貸経営の代表的なリスクには、次のようなものがあります。賃貸運営を代行する多くの不動産会社は、家賃が不払いになっても不動産会社が賃料を立て替える「家賃保証」というシステムを持っています。これは、家賃の集金業務などを代行するだけでなく、賃借人の家賃の不払いリスクを保証してくれるもので、安定した家賃収入を継続的に得たいという方におすすめのシステムです。 ただし、「運営・管理業務の代行のみ」のサービス。

家を買うときに「マンションか一戸建てか」の選択肢は、多くの人が悩むところでしょう。それぞれどのような特徴があるのか、お金の面も含めてファイナンシャルプランナー(CFP®)の永田博宣さんに伺いました。マンションのメリットとして永田さんがまず挙げるのは、共用部の管理についてです。「エントランスや共用廊下などは管理会社が清掃してくれるので、居住者のわずらわしさは軽くなります。また最近は24時間いつでもゴ。

現状の法律ではマンションの建替えは再開発以外の場合、1室を所有する所有者の5分の4以上の賛成がなければ建替えることができません。そもそも修繕積立金の額が不足している問題もありますが、東京都など利便性の高い場所では建て替えや修繕を行って品質が上がれば、その分賃貸需要が高まるため、積極的に行う傾向があります。しかし、利便性の低い郊外のマンションなどでは、建て替えたとしても人口減少等の問題で入居者ニーズ。

40年前、ローンを組んでようやく買ったマンション。設備が古くなり、不便も出てきた。じゃあ、みんなで建て替えを検討しようか――。そこで初めて発覚する、難題の数々。人生を左右する運命の分かれ目だ。日本で初めての民間分譲マンション「四谷コーポラス」をご存じだろうか。'56年に売り出され、築年数は60年を超える。JR四ツ谷駅から北へ向かって5分ほど歩く。大通りから少し入ると、その独特な小豆色の壁が見えてく。

マンション経営には「空室」「家賃滞納」「老朽化」「災害」など、さまざまなリスクが伴います。 中でも「どのマンションに投資しようか」の投資物件選びがリスク回避の第一関門といわれています。どのような視点で投資物件を選べばリスクを回避できるのでしょうか。特に初めてのマンション経営で、投資物件選びにおいて頭を悩ませるのが単身者向けのワンルームマンションか、家族向けのファミリーマンションかの選択です。まずは。

マンションの購入を検討している人の中には、「マンションには何年住めるのか?」と思う人もいるでしょう。マンションが住める年数によって、購入するマンションの築年数の上限を決める人もいると思います。この問いに対しての明確な答えはありませんが、マンションの寿命は何年か?実際の建て替え状況はどのようになっているか?を知ることで、どのくらいの期間マンションに住めるのかを予測することは可能です。そこで今回は、マ。

一戸建てからマンションへの買い替えをお考えでしょうか。マンションは一戸建てと違って、耐震性やセキュリティで安心。 立地が良ければ、価格も下落しにくいと思うけど、落とし穴は無いの? 一戸建てからマンションへ買い替える時の注意点を知って、満足できる住み替えをしたい。そんなあなたのために、一戸建てからマンションへ買い替えるときの注意点についてまとめました。この記事では、一戸建てからマンションに買い換える。

様々なメリットが謳われ、注目を集めているワンルームの不動産投資ですが、不動産価格も上昇基調の中、なぜ今人気なのでしょうか?実際にご購入されている方、ご検討されている方のお話を分析すると、大きく2つの目的に分類されます。 安定したインカムゲイン(家賃)の創出、将来的なキャピタルゲイン(売却益)の獲得。不動産を取得、運用することにより享受できるメリットを目的とした購入が一つ目のポイントです。先のバ。

不動産会社に営業マンとして勤務している管理人は、日々物件を探しておられるお客様と接しています。そして、ご購入希望のお客様から最も多く頂く質問が「戸建てと分譲マンションでは、どちらを買うべきか?」というものです。当然ながら戸建てには戸建ての、マンションにはマンションの「メリット・デメリット」がありますから、この質問に簡潔にお返事をするのは「非常に難しい」というのが正直なところとなります。また、お客様。

新築マンションは買ってはいけない?そう考えるこれだけの理由

「きれいで、新しいおうちに住みたい」「やっぱり買うなら最新の設備がついた新築じゃないと」そう思い新築マンションを選ぶ方も多いと思います。もちろん新築マンションは誰も入ったことのない部屋で、設備も最新のものが採用されていて、部屋も全てがまっさらで魅力的です。しかし今新築マンションの人気は下がっています。そしてそこには新築マンションを選ばないほうがいい理由があります。こちらを読めば新築マンションに潜む危険と、買ってはいけない理由がわかります。新築マンションはなぜ買ってはいけないのか。その理由の要点をすぐに知りたい方は、目次の「まとめ」をクリックしてください。新築マンションといえば、かつては誰もが憧れを持ち、中古マンションに比べても断然人気がありました。きれいな部屋に、最新の設備、充実した共有施設ともちろん魅力的な部分はたくさんあります。ではなぜ新築マンションを買ってはいけないのか。その理由を……

マンション購入のリスクとは?プロに洗いざらい聞いてみた。

リスクの発生する可能性が高いからといって、それが重大なこととは限りません。発生する可能性と発生したときの影響の両方からリスクを考えましょう。今回は、発生する可能性と発生したときの影響の両方についてお話します。また、あなたが対処できやすいリスクの順番にご紹介します。決して少ないケースではなく、もしもこうなれば悲惨です。マンションを購入する人でもあまり理解できていないのが資金計画です。正しく計画を立てましょう。もっとも経験する可能性のあるトラブルでり、事前に防ぐことは難しいです。トラブルが起こったら、地道に話し合いで解決するか、ひどい場合は弁護士などの第三者に介入してもらいましょう。もしも欠損マンションを購入してしまった場合の影響は大きいですが、不動産会社、ディベロッパーともに信頼のある業者と取引をしたり、新築ではなく中古マンションを選ぶことでリスクを減らせます。また最近は、購入者を保護するた……

マンション購入の注意点7つ!不動産営業マンが教える失敗しない方法

初めてマンションを購入すると決めたものの、できるだけ失敗したくないという方は多いと思います。 失敗しないマンション購入のために一番大事なことは、フラットな立場の信頼できる専門家に相談することです。本来その役割は、依頼する不動産業者の営業マンなのですが、『本当に自分のためにアドバイスをしてくれているのか』と不安になる方も多いのではないでしょうか?営業マンの中には自社の利益を重視する人もいるので、必ずしもあなたにメリットがあるアドバイスをしてくれるわけではないのが実情です。そんな不安が少しでもあれば、セカンドオピニオンを聞くべきです。さて、セカンドオピニオンは誰にお願いするとよいのでしょうか?できれば友人・知人でマンション取引経験の豊富な不動産会社や不動産鑑定士の人がいるとベストです。(所要時間 : 45分程度 / オンラインでのご相談も歓迎)『新型コロナによる不動産価格への影響は?』一人だけ……

【新築vs中古の真実③】メディアが書かない新築のリスク 住まいの本当と今を伝える情報サイト【LIFULL HOME'S

[オピニオンリーダー]LIFULL HOME’S総研所長これまで2回にわたって、新築住宅というのは実のところ法律が定める概念に過ぎず、「新築のメリット」とは本来は購入時のメリットであって、住み心地や建物の性能の話ではないということ、また購入時のメリットも正味のところは一般に思われているほどには大きくないという事実について述べてきた。 今回は、住宅系メディアの定番記事「新築vs中古」でよく見かける、その他の新築のメリットを検証しながら、メディアが書かない新築住宅を買うことのディメリットやリスクについても取り上げてみたい。 ---------------------------------------------------------------------- 「新築vs中古」では、最新の設備を新築住宅の魅力としてアピールする記事をよく見かける。しかし、新しい設備機器を理由に新築住宅を……

みなさん、不動産会社にだまされちゃだめです!

なぜですかね?20代半ば過ぎから30代後半のどこかで、 多くの人が「そろそろ家が欲しいよな…」と思うタイミングがありますよね?子供の頃はただただ自由だった自分が、社会との関係と闘いながら自分らしさを貫いていく… そんな、ホンモノの大人になるための儀式のように…住まい探しの欲求がわき上がってくるんですよね。 そう考えると、住まい探しは、自分のコアの中に自分探しの行き先を見つけようとする、 哲学的な営みともいえませんか?そして、人生における住まい探しの重要度は、サラリーマンだとか、経営者だとか、 アーティストだとか、政治家だとか、哲学者だとか…関係ないです。 このカオスの時代に、だれもが自分の生き方を見失わず、本当の教養を身につけた大人になるために、 必須の経験としてあるものかもしれません。なのに、戦後の経済復……

マンションを買って後悔した理由ランキングTOP5 633人のマンション購入失敗談に学ぶ! 体験談

さまざまな先輩方の失敗体験談を見てきましたが、いかがでしたか。マンション選びの参考になったでしょうか。アンケートの中には、部屋に入った瞬間のフィーリングが大切という意見や最低4つ以上複数会社のマンションを検討し、直接提案を聞くことが大切だというアドバイスもありました。今回のランキングでは、633件の体験談の総合的な集計を発表しましたが、同時に男女別・年代別・新築/中古別の集計も行いました。女性は家にいる時間が長いためか、室内での居心地を重視する傾向がみられました。また、騒音では、女性は隣室からの騒音で悩んでいるのに対し、男性は周辺から聞こえる外部騒音を気にする傾向がありました。マンション購入のボリュームゾーンである20代~30代前半の若い世代は、学区や治安の面で心配な地区を選んでしまったなど、エリア選びで失敗したと感じる声が目立ちます。一方、40代以降はライフステージの変化に伴い、間取りや……

新築・中古マンション経営で失敗する4つの共通点

長期運用で安定的な収入を見込めるマンション経営は、多くの投資家から人気のある不動産の投資方法です。 しかし、多額のお金を借り入れて物件を購入することとなるため、マンション経営に興味はあるものの、「リスクが怖くて挑戦できない」と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。確かにマンション経営も投資である以上、当然リスクは存在します。しかし正しい知識を持つことで、リスクを回避しながら安定収入を確保することも可能です。 そこで今回は、不動産投資で賃貸経営を検討している方が事前に知っておくべき「マンション経営のリスク」について、具体的な失敗例を用いながら分かりやすく解説します。6.「リスクが高い」と言われるマンション経営を成功させるためにマンション経営を行う上で起こり得るリスクを回避するためには、どのようなリスクがあるのかを事前に理解しておかなければなりません。 まずは、マンション経営を行う上で……

マンション投資のメリット・デメリット

従来より、分譲マンションを資産運用を目的として購入する方々が多くいます。何も最近はやりだした事ではなく、その歴史は長くマンションの供給が始まった数十年前より行われていました。立地条件が良く耐久性の高い不動産資産として、安定した家賃収入、将来の私的年金として、所得税・相続税対策として、生命保険代わりとしてなど、様々なメリットのある資産運用商品としてマンション投資は行われてきました。また、株やFX、土地等と比較して分譲マンションは住宅ローンを利用することにより少ない手持ち資金から始められますし、何より日々の値動きを気にする必要がないので一般の会社員の方でも多くの人がマンション投資を行っています。そこで、本稿ではマンション投資にはどんなメリット・デメリットがあるのか検証していきます。マンション投資には大きく分けて二つの種類があります。一つは購入したマンションを人に貸して、家賃収入を得るための投資……

新築マンションを購入するリスクとは?中古マンションも選択肢になる?

「マンションを買うなら新築の方が安心」だと思っていませんか?新築マンションは真新しい状態で暮らすことができて、これからコミュニティを築いていかれることがメリットとされることが多いです。しかし、新築マンションの購入にはリスクもあることをもとに、中古マンションを選ぶという選択肢について紹介していきます。新築マンションの購入には、大きく分けて4つのリスクがあります。それぞれについて解説していきます。新築マンションは将来、資産価値が大きく下がるリスクがあります。新築マンションは購入直後の価格の下落が大きく、一般的に購入から1~2年で2~3割程度、10~15年で5割程度価格が下がるとされています。そのため、35年ローンを利用すると、支払い終える頃には大きく資産価値が減少していることが想定されるのです。ただし、立地条件や周辺環境などによって異なり、開発によって一時的に価値が上がるケースも見られます。一……

新築不動産投資はデメリットばかり?中古と比較して成功しにくい3つの理由

クラウドリアルティでは、自社サービス以外にも様々な投資にまつわる情報を提供しています。今回のテーマは、実物不動産投資(以下、不動産投資)。不動産投資には様々な方法がありますが、個人で不動産投資を始めるにあたって悩ましいこととして、物件選びがあります。自宅選び同様新築に目が行きがちですが、新築と中古の物件を比較した際の「新築」のメリット・デメリットを不動産ライター・亀梨奈美さんに解説してもらいました。投資物件を選ぶにあたり、決めることは多くあります。立地、築年数、間取り……どれも今後の収益にかかわる重要なことですが、まずは新築物件にするか、中古物件にするかを決めかねていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?「中古はリフォームや修繕にお金がかかりそう」「新築の方が入居率は高いはず!」「新築と中古だったら絶対新築の方がうまくいきそう」このように「中古より新築」と考えている方もいらっしゃるかもし……

人口減少時代のマンション購入、その5大リスクと対応策は? 「買ってはいけない」はどこまで正しい? ウチコミ!タイムズ

国の財政状況が悪化するなか、社会保障の負担は年々厳しくなっています。年金や健康保険といった社会保険料は上昇傾向にあり、多少給与が上がっても手取り額は減ってしまう状況です。雇用環境、経済環境が大きく変わり、給料が増えたとしても、いつ解雇や倒産といった憂き目にあうかわかりません。退職金も、昔ほどアテにできなくなっています。このようななか、何千万円という住宅ローンを完済できるのか不安になってしまうのも当然といえば当然でしょうし、そもそもそんな多額の借金をしたくないという人もいるのではないでしょうか。住宅ローンの返済を滞納したからといって、すぐに家を失ってしまうわけではありません。ただ、最悪の場合には家を手放さなければならなくなった上に、借金だけが残ってしまう可能性もゼロではありません。住宅ローンの返済は多くの人が不安に感じる部分です。住宅ローンの借入れで何よりも大事なのは、絶対に背伸びをしないこ……

買ってはいけない物件があるのをご存知ですか・・・?

リノベーション物件の無駄と不安話①事業者にとっての利益が大きいリノベーション物件とは、物件を仕入れてリフォームを施し、再販するというビジネスモデルです。【1】とにかく安い物件を仕入れる【2】なるべくコストを抑えてリフォームして、売りやすいようにする【3】最後にできるだけ高く売るこれでは個人間の売買に比べたら、費用が割高になるのはあたりまえです。②構造は大丈夫なのか中古住宅には古い建築基準法に基づいて建築されている物件がいっぱいあります。古い建築基準のままで再販しても法律違反ではないので、古い基準のまま販売されている物件もまだまだ数多くあるようです。建物の構造については素人では判断がつかないので不安が残りますね。③老朽化や劣化していないかこの点は建築基準法とは直接関係ありませんが、建物の劣化状況は構造性能と同様にとても重要な部分です。素人でも判断が付く項目ですが、床下・屋根裏・壁の中に隠れて……

「持ち家」リスクを甘く見ている人が招く不幸 大江戸不動産トピックス&ニュース

昨年、そのマンションAで70代の男性の孤独死が発生した。孤独死自体は高齢者が多く住むマンションでは珍しくはない。身寄りのないお年寄りが自宅でひっそりと息を引き取ることは起きうる。住民間の交流が乏しい現代では、隣人の様子をあまり気にかけない。今回大きな問題に発展したのは、孤独死以後、管理費と修繕積立金の支払いが滞り、滞納金がどんどん積み上がっていることだ。孤独死に限らず、マンションの所有者が死亡した場合、相続人に管理費や修繕積立金の支払い義務が発生する。子どもやきょうだいにすぐに連絡がつき、相続人が確定できればそれほど問題は大きくならない。だが、近くに身寄りがいないお年寄りの場合、相続人の特定ができないことがある。マンションAはまさにその典型例である。マンションAで孤独死した男性には子どもはおらず、両親も他界していた。そこまではわかっていたが、きょうだいの有無は不明だった。利害関係者となるマ……

新築?中古?マンションへの投資なら必読 “新築プレミアム”とは マンション経営オンライン

マンション投資を検討していろいろと調べているうちに「新築プレミアム」という言葉に遭遇したことはないでしょうか。「これって何?」と感じた方は、「不動産の価格がどうやって決まるのか」という部分にも興味を持っているかもしれません。不動産価格には厳然とした相場や価格決定プロセスがあり、ここで解説する新築プレミアムも不動産の価格を決める重要な要素のひとつです。新築プレミアムのことが理解できると、新築マンションだけでなく、築浅・中古マンションも視野に入れて投資物件を検討できます。そうすれば、素晴らしいマンション経営に繋がる可能性が高まりますので、その方法も含めて解説します。そもそも「新築」とは、建物が完成してから1年を経過しておらず、かつ誰もまだ使用していない状態の物件のことです。完成後1年未満であっても、その物件に誰かが入居すれば「中古」扱いとなります。また、完成してから誰も住んでいなかったとしても……

実は築年数20年の中古マンションがオススメな2つの大きな理由

中古マンションは安くて検討したいんだけど、築年数は一体どこまでが大丈夫なものなのかと悩んでいませんか。一級建築士である私自身、1977年に建てられた中古マンションに暮らしていますが、日々の暮らしで問題を感じませんし、目黒駅から徒歩数分の物件をかなりリーズナブルな価格で手に入れることができました。(2020年現在築43年目)実は中古マンションには、おすすめの築年数というものがあります。それが築20年程度です。また、築30年、40年の物件はダメかというと一概にそうとは言えません。 見るべきところを見れば、安心して購入することは可能です。今回は、築20年程度のマンションをオススメする理由と、築古マンションのよくある質問をまとめました。この記事を読めば、もう築年数で心配することはなくなり、物件探しに集中できるようになると確信しています。ぜひ物件を探し始める前にこの記事を保存してお役立てください!東……

その新築マンション購入、ちょっと待って! 完成前に契約、買い手に大きいリスク(NIKKEI

東京五輪・パラリンピックの選手村の跡地を転用する「晴海フラッグ」というマンションの話題を報道でよく見かけるようになりました。場所は東京都中央区の晴海というところです。公式サイトによると、最寄り駅は都営大江戸線の勝どきで、駅から歩いて16分~21分で各棟の敷地に着きます。分譲される総戸数は4145戸という規模です。 このマンション、選手村として使った後に分譲マンション用に改装して2023年の春以降に引き渡す予定でした。そのスケジュールをもとに18年の秋ごろから広告を始め、翌19年の7月には販売を始めました。販売開始時点で建物が引き渡されるのは3年半以上も先でしたが、物件価格の1割程度の手付金を払って購入の契約を結ぶ人が大勢現れました。3年半以上も先にやっと住めるようになるマンションの購入契約を結ぶのは、ちょっと勇気のいることではなかったでしょうか。販売が始まった翌年の20年、世界は新型コロナ……

不動産投資でマンションやアパートを買って家賃収入に。リスクや自宅購入との違いをお金のプロが解説

不動産を活用する不動産投資。大がかりなものからワンルームマンションを1室だけ活用するものまでいろいろありますが、ここでは、手軽な物件での活用を考えたときに、知っておきたいことをやさしく解説。メリットだけではなく、リスクも知っておきましょう。注意ポイントなどをファイナンシャルプランナーの菱田雅生さんに聞きました。ひとことで「不動産投資」といっても、さまざまな方法があります。アパートやマンション、戸建てなどを所有して賃貸にまわす方法。シェアハウスや民泊、コインパーキングやトランクルームの運営、オフィスビルやテナントビルを所有してテナント料を得るのも不動産投資です。土地や建物の価格が上昇している時期なら、転売で利益を得る方法もあるでしょう。これらは実物不動産投資といわれるものです。また、証券会社を通してREIT(不動産投資信託、Real Estate Investment Trust)を保有し、……

中古マンションの築年数、何年からが要注意?築古マンションの価値や寿命、売却・購入前の注意点

価格も立地も、魅力的な物件が多い中古マンション。 とはいえ、売るにしろ買うにしろ「何となく不安」があるのも事実。 そこで、考えられる不安要素をすべて払拭できるよう不動産のプロに、中古マンションのあれこれを教えていただきました。 メリット、デメリット、注意すべき点を理解した上で賢くお得に中古マンションを売買しましょう。中古マンションの魅力は何といっても割安感。新築からどれぐらい経てばお買い得な価格になるのでしょうか?個人向け不動産コンサルティング会社を経営する長嶋修さんに、中古マンションのあれこれについて教えていただきました。「中古マンションの価格は一般的に、新築でなくなった瞬間から当初の建物価格の2割ほど安くなると言われています。つまり、6000万円の新築マンションが、土地と建物の価格がそれぞれ3000万円だとすると、600万円安くなって5400万円になるイメージ。その後は徐々に値下がりし……

ワンルームマンション投資失敗の理由

2009年10月22日公開ワンルームマンション投資は不動産投資の代名詞になりつつあります。新築、中古を問わずワンルームマンションの取引は活発で、不動産投資をされる方のなかでもワンルーム投資を実践している方が多いのではないでしょうか。賃貸の業務や確定申告など不動産保有時のサポートはもちろん金融機関と提携した自己資金ゼロプランなど、手軽に簡単に始められるサービスが充実しているのも増加の要因になっています。しかしながら、手軽に始められるがゆえに想定しなければならないリスクが軽んじられ失敗してしまったという相談が多くなっているのも事実です。なぜワンルームマンション投資で失敗してしまうケースがあるのか、その原因を中古、新築分けて説明したいと思います。なぜワンルームマンションに投資をするのか?その目的は年金対策、節税、生命保険など目的は様々だと思いますが、ワンルームマンションが利益を生み出す構造は、購……

新築マンション投資とは 新築マンションに投資を行うメリット5つと注意点

新築マンション投資というのは不動産投資の中の1つで、投資のために新築マンションを購入する投資のことを言います。普通のマンション購入と違うのは、居住のために新築マンションを購入するのではなく投資のために購入する、という点です。新築マンション投資では家賃収入を得る他に、買った金額よりも高く売る、売却益を得ることを目的にして投資する場合の2つの投資があります。投資の中でも不動産投資はリスクが少ない投資だとされているのですが、とくに新築マンションへの投資はローリスクや資金運用面から見てよいというのが投資をする理由となっています。それでは、新築マンションに投資する理由を紹介していきます。新築マンション投資は、中古マンション投資よりもローリスクでロングリターンの得られる投資だと言われています。新築マンションへの投資の場合、物件が新築なので資産価値が落ちにくいことや新築として物件の人気が高いであろうこと……

中古マンション投資で失敗しないためには?10個のチェックポイント 不動産投資コラム 不動産投資情報サイト HEDGE

中古マンションの売買市場は年々大きくなってきており、2016年にはついに中古マンションの供給数が新築マンションの供給数を上回りました。これからの不動産投資の主体も、新築マンションから中古マンションへと移っていくと考えられます。ただ、中古マンション投資には、新築マンション投資と比べると気をつけなければいけないポイントが存在します。この記事では、以下のような中古マンション投資のポイントについて解説していきたいと思います。まず、中古マンション投資で一番重要な点は、複数の情報源を持つということです。新築マンションであれば、購入を検討している物件のディベロッパーに話を聞くだけでも良いのですが、中古マンション投資では、数ある中古物件の中から最も良い物件を選ぶということが必要になってきますので、複数の情報源から入手した情報を色々な軸で比較検討をすることが必要となります。たとえば、大手ポータルサイトとして……

不動産投資の8つのリスク

不動産投資は現在だけでなく、将来にわたって賃貸需要があるかを見極めることが重要です。 2008年を境に、すでに日本の人口減少傾向は進んでいます。今後、東京を除く多くのエリアではマンション経営が成り立たなくなっていきます。 つまり、将来にわたり不動産投資が成り立つのは、賃貸需要が安定しているのは東京だけなのです。2018年の都道府県別の移動者数を見ると、転入数が超過している都府県のうち、東京都は79,000人以上増となっており、2位の埼玉県の約3倍と突出して増えています。東京都の転入超は23年連続となりました。2019年1月1日現在の東京都の人口(外国人登録者数含む)は、およそ1385万人で23年連続の増加、過去最高を更新しています。東京の都内総生産(GDP)は90兆円以上で、世界16位に相当します。また、上場企業の約5割が東京……

マンションの売れ残り物件は損か得か

マンションの価格は高止まりの状態にあり、特に都内での新築マンションの価格は、手の届きにくいところまで上昇しています。国土交通省の平成30年11月5日公表の「不動産市場動向マンスリーレポート」を見ても、マンションの不動産価格指数は65カ月連続で上昇を続けています。新築マンションは高すぎて手が届かない。そんな人は、新築の売れ残っている物件をチェックすることで、掘り出し物を見つけることができるかもしれません。ここでは、売れ残ったマンションを購入するときにのメリットや注意点などを調べてみましたので、マンションを購入する際の選択肢の1つとして参考にして頂けたらと思います。マンションはさまざまな理由で売れ残ることがあります。売れ残ると売るために値引きされることがあります。マンションの販売は通常、竣工とともに開始されます。そして、マンションが完成するまでに完売するのがデベロッパーにとってのベストの状況で……

「中古」マンションをオススメする理由

不動産投資の中では「中古ワンルーム」は最も安い価格帯に位置していますので、 ローンを組んだ場合でも比較的リスクが低く、完済しやすいところも魅力です。 初めて不動産投資に入門するという方にも自信をもってオススメいたします。 最少のリスクで効率よく資産運用を行うには、中古ワンルームを複数戸運用することも効果的です現金でのご購入はもちろん、融資を利用しても負担が少なく、完済しやすい価格帯です ……

分譲マンションに潜む「外国人向けのホテル化」というリスク 富裕層向け資産防衛メディア

にわかに脚光を浴びるAirbnb(民泊)だが、外国人観光客向けの宿泊施設として提供されているマンションの住民はたまらない。ある日、自宅のマンションに帰ると、エントランスロビーがスーツケースを引いた外国人観光客であふれている。あるいは、マンション内のスポーツジムに行くと、外国人観光客にお気に入りのトレーニングマシンを占領されていたり、夜になるとパーティルームで外国人たちが大騒ぎをしているかもしれない。実際、こういったことは一部のマンションですでに起こっている。とくに、都心や湾岸エリアのタワーマンションでは2015年から「民泊問題」が話題になっていた。ただし、そういったマンションのなかには、管理規約を変更して「民泊禁止」にすることで、問題の解決や緩和を図っているケースもある。今後、Airbnbなどを活用して民泊に提供される住宅が大幅に増えるだろう。マンションでは賃貸、分譲にかかわらず、民泊問題……

賃貸経営のリスクを知って資産の有効活用を! 「マンション購入講座」

賃貸経営の代表的なリスクには、次のようなものがあります。賃貸運営を代行する多くの不動産会社は、家賃が不払いになっても不動産会社が賃料を立て替える「家賃保証」というシステムを持っています。これは、家賃の集金業務などを代行するだけでなく、賃借人の家賃の不払いリスクを保証してくれるもので、安定した家賃収入を継続的に得たいという方におすすめのシステムです。 ただし、「運営・管理業務の代行のみ」のサービスを委託する場合と比較すると、手数料がやや高めになります。また、この他にも、賃借人が見つからずに賃料収入が入らない空室リスクへの対応も考える必要もあります。 このような場合は、「空室保証」「借り上げシステム」などとよばれる、空室期間中も賃貸運営会社が賃料を支払ってくれるサービスを検討してみるとよいでしょう。大京穴吹不動産では、空室リスクに対応するため、賃貸借契約期間中に賃料不払いが発生した場合に、……

マンションvs一戸建て。メリット・デメリットをFPに聞いてみた SUUMO

家を買うときに「マンションか一戸建てか」の選択肢は、多くの人が悩むところでしょう。それぞれどのような特徴があるのか、お金の面も含めてファイナンシャルプランナー(CFP®)の永田博宣さんに伺いました。マンションのメリットとして永田さんがまず挙げるのは、共用部の管理についてです。「エントランスや共用廊下などは管理会社が清掃してくれるので、居住者のわずらわしさは軽くなります。また最近は24時間いつでもゴミを出せる物件が増えているので、暮らしの利便性は高いでしょう」またマンションは玄関ドアの鍵一つで外出できるといわれるように、防犯上もメリットがあります。エントランスはオートロックになっており、ここでも不審者の侵入をある程度防ぐことが可能です。「仮に不審者が建物内に入ったとしても、管理員や居住者の目があるので犯罪を未然に防ぐ効果が期待できます」(永田さん)標準的なマンションの住戸はワンフロアなので室……

分譲マンション投資の注意点

現状の法律ではマンションの建替えは再開発以外の場合、1室を所有する所有者の5分の4以上の賛成がなければ建替えることができません。そもそも修繕積立金の額が不足している問題もありますが、東京都など利便性の高い場所では建て替えや修繕を行って品質が上がれば、その分賃貸需要が高まるため、積極的に行う傾向があります。しかし、利便性の低い郊外のマンションなどでは、建て替えたとしても人口減少等の問題で入居者ニーズが見込めずに、建替えの決議は保留となるケースが増えています。そうなると所有者は現状のまま住み続けるしかなくなるので、転居者を増やして、スラム化してしまう恐れもあります。分譲マンション投資は通常の賃貸マンション投資と比べて、さまざまな課題や注意点があります。今後も賃貸需要が見込める物件なのか?を含めて慎重に判断するためにも、信頼できる不動産会社を探しましょう。そもそも賃貸需要とはなんなのか?マンショ……

これから5年以内に起きるマンション建て替えの「天国と地獄」(週刊現代) 現代ビジネス

40年前、ローンを組んでようやく買ったマンション。設備が古くなり、不便も出てきた。じゃあ、みんなで建て替えを検討しようか――。そこで初めて発覚する、難題の数々。人生を左右する運命の分かれ目だ。日本で初めての民間分譲マンション「四谷コーポラス」をご存じだろうか。'56年に売り出され、築年数は60年を超える。JR四ツ谷駅から北へ向かって5分ほど歩く。大通りから少し入ると、その独特な小豆色の壁が見えてくる。さすがに築61年だ。壁の一部は黒ずみ、窓に取り付けられた手すりには錆が目立つ。外階段の横には、〈建築計画のお知らせ〉と書かれた看板が設置されている。このマンションは、9月から建て替え工事に入った。なぜ「困難」とされる建て替えを実現できたのか。「住民の方々の管理組合の総会への参加率が総じて高く、建て替えに対する当事者意識が強い。しかも、長年にわたってコミュニティが形成されており、組合の理事長、理……

物件から見たマンション投資のリスク回避策 TOKYO @

マンション経営には「空室」「家賃滞納」「老朽化」「災害」など、さまざまなリスクが伴います。 中でも「どのマンションに投資しようか」の投資物件選びがリスク回避の第一関門といわれています。どのような視点で投資物件を選べばリスクを回避できるのでしょうか。特に初めてのマンション経営で、投資物件選びにおいて頭を悩ませるのが単身者向けのワンルームマンションか、家族向けのファミリーマンションかの選択です。まずはそれぞれの投資のメリットとリスクを見ましょう。ワンルームマンション経営は、初期投資額が少ないので手軽に始められるのが魅力です。 ファミリーマンションを1戸購入するには数千万円の初期投資が必要ですが、ワンルームマンションの一室購入なら1,000万円以下の初期投資も可能です。投資利回りが高いのも魅力です。ワンルームマンションは初期投資額が少ないので投資利回りは新築物件で5%前後、中古物件で8~9%が相……

結局、マンションは何年住める?「寿命と建て替え」の本当を不動産のプロが解説

マンションの購入を検討している人の中には、「マンションには何年住めるのか?」と思う人もいるでしょう。マンションが住める年数によって、購入するマンションの築年数の上限を決める人もいると思います。この問いに対しての明確な答えはありませんが、マンションの寿命は何年か?実際の建て替え状況はどのようになっているか?を知ることで、どのくらいの期間マンションに住めるのかを予測することは可能です。そこで今回は、マンションの寿命、現在の建て替え状況など、マンションは何年住めるのか?…そして寿命の長いマンションをどのように判断すべきか?というテーマで解説していきます。マンションの寿命はマンションごとに違います。また、「寿命」といっても、本当に住めなくなるまでを寿命というのか、明らかに劣化してきている状態を寿命というのかでも年数は異なってくるでしょう。そこでこの記事では、マンションの寿命を「一般的に『住む』のに……

一戸建てからマンションに買い替えるときの注意点、知るべきポイントまとめ

一戸建てからマンションへの買い替えをお考えでしょうか。マンションは一戸建てと違って、耐震性やセキュリティで安心。 立地が良ければ、価格も下落しにくいと思うけど、落とし穴は無いの? 一戸建てからマンションへ買い替える時の注意点を知って、満足できる住み替えをしたい。そんなあなたのために、一戸建てからマンションへ買い替えるときの注意点についてまとめました。この記事では、一戸建てからマンションに買い換えるときの注意点とメリット、そして買い換えを成功させるポイントについて解説します。あなたの住み替えが成功し、幸せなマンションライフを満喫するために、この記事がお役に立てば幸いです。この記事のもくじ基本的な話なので、すでにご存知の方は読み飛ばして下さい。一戸建てと違い、マンションでは毎月支払う費用があります。具体的にはこちら。この中でも、特に2.修繕積立金は、築年数が古くなるほど、値上げされるリスクがあ……

不動産投資・資産形成ご相談予約受付

様々なメリットが謳われ、注目を集めているワンルームの不動産投資ですが、不動産価格も上昇基調の中、なぜ今人気なのでしょうか?実際にご購入されている方、ご検討されている方のお話を分析すると、大きく2つの目的に分類されます。 安定したインカムゲイン(家賃)の創出、将来的なキャピタルゲイン(売却益)の獲得。不動産を取得、運用することにより享受できるメリットを目的とした購入が一つ目のポイントです。先のバブル期のように無条件に不動産が値上がりし続ける時代ではありませんが、エリアや商品によっては、資産価値が上昇する物件もあります。リスクが低い金融商品が軒並み低利息の中、安定した利回りと、何より現物資産としての安心感が優良な投資先として人気です。 銀行預金金利が0%台の超低金利時代。対して、賃料相場は変わらず安定しており、都心の新築ワンルームでは、3%.4%台の利回りが見込めます。その他の資産運用商……

分譲マンションのメリット・デメリットを解説!

不動産会社に営業マンとして勤務している管理人は、日々物件を探しておられるお客様と接しています。そして、ご購入希望のお客様から最も多く頂く質問が「戸建てと分譲マンションでは、どちらを買うべきか?」というものです。当然ながら戸建てには戸建ての、マンションにはマンションの「メリット・デメリット」がありますから、この質問に簡潔にお返事をするのは「非常に難しい」というのが正直なところとなります。また、お客様の間では「マンションを買う方が絶対に気楽!」という認識が広まっているように感じられるのですが、不動産屋さん的には『そうとばかりも言い切れない』というのが本音なのです。そこで本日は、「分譲マンションのメリット・デメリットを解説!」と題して、分譲マンションの利点と問題点についてお話しをさせていただきたいと思います。冒頭からマイナス面や注意点をお話すると、まるで「マンションの購入がお勧めできない」という……

平均ユーザー評価

4.5 / 5

カテゴリ